世界の自動車用HUD市場ータイプ別(コンバイナーHUD、ウィンドシールドHUD)、テクノロジー別(従来型HUD、拡張リアリティHUD)、寸法タイプ別、車両クラス別、車種別、地域別ー予測2030年

11月3日(水)10時47分 PR TIMES

SDKI Inc.は、世界の自動車用HUD市場の新レポートを2021年11月02日に発刊しました。この調査には、自動車用HUD市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-58687

自動車用HUD市場は、2022年に17.7億米ドルの市場価値から、2030年までに85.7億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に25.28%のCAGRで成長すると予想されています。
[画像: https://prtimes.jp/i/72515/1368/resize/d72515-1368-0b989622c8a07e071896-1.png ]

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/press-details/global-automotive-hud-market/101

車両のヘッドアップディスプレイ(HUD)デバイスには、ドライバーの視線に重要な情報(車の速度、ナビゲーションの方向など)を表示することで、危険な注意散漫を減らすなど、いくつかの利点があります。さらに、このようなHUDを採用することにより、車の情報を管理する際のドライバーの疲労の軽減、外の世界に注意を払うことができます。自動車産業の急速な成長、とコネクテッドカーの需要の増加は、自動車用HUD市場の成長を推進する主要な推進要因です。さらに、乗用車と車両の安全性に対する意識の高まり、および自動車産業における半自律型および電気自動車の出現は、予測期間中に自動車用HUD市場に大きな成長の機会を生み出すと予想されます。

国際自動車工業連合会(OICA)によると、世界の自動車生産台数は、2016年の7,210万台から、2017年には7,340万台に増加しました。さらに、OICAによると、世界の商用車生産は2017年の238.4億から2018年には251.3億に増加しました。また、India Brand Equity Foundation(IBEF)によると、インドの自動車の総生産量は、2017年12月期の間に5.56%のCAGRの成長を示しました。これは2017年4月から12月にかけて前年比11.27%増加しました。このような自動車産業の成長により、自動車と統合するヘッドアップディスプレイの需要が高まることが見込まれます。これは、予測期間中に世界の自動車用HUD市場の成長を促進することが期待されます。

しかし、HUDサプライヤーによる政府の義務を果たすための厳格な規制は、2022ー2030年の予測期間中に自動車用HUD市場の成長を妨げる可能性があります。

自動車用HUD市場セグメント

自動車用HUD市場は、タイプ別(コンバイナーHUD、ウィンドシールドHUD)、テクノロジー別(従来型HUD、拡張リアリティHUD(Ar HUD))、寸法タイプ別(2-D HUD、3-D HUD)、車両クラス別(エコノミーカー、ミッドセグメントカー、高級車)車種別(乗用車、商用車)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

自動車用HUD市場の地域概要

ヨーロッパ地域は、市場シェアの点で世界をリードする地域です。これは、自動車産業の成長、と安全で確実な運転体験の必要性の高まりに起因しています。一方、アジア太平洋地域の自動車用HUD市場は、予測期間中(2022ー2030年)に最大の成長率/CAGRを示すと予想されます。高級車の販売の増加、と可処分所得の増加などの要因は、予測期間中にこの地域の自動車用HUD市場の成長を推進する主な要因です。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

自動車用HUD市場の主要なキープレーヤー

自動車用HUD市場の主要なキープレーヤーには、Bosch、Continental、Panasonic、Denso、Visteon、Nippon、Pioneer、Yazaki、Garmin、LG Displayなどがあります。この調査には、自動車用HUD市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-58687

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

PR TIMES

「タイ」をもっと詳しく

「タイ」のニュース

「タイ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ