Go!Go!ニンじゃぽん第二弾と子どもクリエイターを育てるATAM ACADEMYがコラボ!子どもクリエイターがニンじゃぽんの公式LINEスタンプを制作。

11月5日(月)9時40分 PR TIMES

子どもクリエイターが作るGo!Go!ニンじゃぽんのLINEスタンプにご期待ください!

株式会社アタム(本社:東京都港区 代表:宮下 崇)が運営する子どもクリエイターを育てる習い事「ATAM ACADEMY(アタムアカデミー)」と全国各地のテレビ局にて第二弾を放送予定のGo!Go!ニンじゃぽんがコラボレーションを実施。

[画像1: https://prtimes.jp/i/38075/2/resize/d38075-2-279136-0.png ]


◆コラボレーションの概要
今回の取り組みでは、ATAM ACADEMYとGo!Go!ニンじゃぽんがコラボし、ATAM ACADEMYに所属する子どもクリエイターたちがニンじゃぽんのキャラクターを使用した公式LINEスタンプを製作します。コラボレーションの目的としては、ATAM ACADEMYに所属する子どもクリエイターへのGo!Go!ニンじゃぽんの認知度向上並びにLINEスタンプを通じたGo!Go!ニンじゃぽんのさらなる認知の向上、更には、子ども達が実際にクリエティブ力を活かしたお仕事を体験することにあります。子どもクリエイターたちがアイデアを出し製作していくLINEスタンプにご注目ください。
ニンじゃぽん公式LINEスタンプのリリースは12月末を予定。


[画像2: https://prtimes.jp/i/38075/2/resize/d38075-2-241826-2.png ]


◆Go!Go!ニンじゃぽんについて
Go!Go!ニンじゃぽんとは、日本をこよなく愛する忍びの者“ニンじゃぽん”(修行中)が日本各地を飛び回り、地域の魅力を、日本全国、そして世界へと発信する番組。それが「ニッポン探索クイズバラエティ Go!Go!ニンじゃぽん」です。


◆ATAM ACADEMY(アタムアカデミー)について
IT×イラスト=クリエイティブ力を育てる習い事を展開する子どもクリエイターのプロダクションです。未就学児から小学生までを対象にクリエイティブ力を育てるカリキュラムを提供し、子どもの頃からクリエイティブ力を育て、発想力を高め、子ども達の価値を高める習い事を提供しています。

[画像3: https://prtimes.jp/i/38075/2/resize/d38075-2-775182-3.png ]



ATAM ACADEMYでは、テレビ番組やアニメなどの既存キャラクターとの積極的なコラボレーションを行い、実際にLINEスタンプを製作するというプロジェクトを通じて子どもたちの社会体験を行なっております。現在、東京都・南麻布教室では教室のカリキュラムの一部を無料で体験できる体験教室を4歳〜小学6年生に向けて開放中です。体験教室のご予約はHPより承っております。

<<体験教室のご予約こちらから>>
https://www.atam-academy.com/book-online

◆Go!Go!ニンじゃぽんに登場するキャラクターのご紹介

[画像4: https://prtimes.jp/i/38075/2/resize/d38075-2-489656-4.png ]


<ニンじゃぽん>
主人公。忍者修業中の身。
美しい風景、面白い場所、素敵な人がいるところはどこへでも行きたくなる性格で、今回は風の噂を聞きつけ、日本各地を旅することにした。
おっちょこちょいな性格のため、師匠からご法度とされているにもかかわらず、日常生活で「◯◯の術〜」と、つい口から出てしまう。修業中のためか、技術はまだまだこれからで、忍術を使ったことすら誰にも分かってもらえないことがほとんど。

[画像5: https://prtimes.jp/i/38075/2/resize/d38075-2-804581-5.png ]


<ワンじゃぽん>
ニンじゃぽんの相棒。とても明るくポジティブな性格。
いつもはニンじゃぽんと一緒にいるのに、今回の旅にはなぜか連れて行ってもらえなかった。来年こそは一緒に行きたい!と期待しながら、家でお留守番中。

◆Go!Go!ニンじゃぽん放送予定について
第一弾はJNN系列の23局で放送。第二弾も年明けに全国各地のテレビ局にて放送予定。
<ニンじゃぽん公式HP>
http://ninjapon.com/


◆株式会社アタム 会社概要
<IT×イラスト=新しい習い事 ATAM ACADEMY>
株式会社アタム
東京都港区南麻布3-21-17 2F
資本金 9,900,000円
代表取締役 宮下 崇
https://www.atam-academy.com/

PR TIMES

「子ども」をもっと詳しく

「子ども」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ