『かいじゅうたちのいるところ』の作者センダックの代表作を、アーサー・ビナードの新訳で刊行! 80年代の絵本が、現代人に問いかける「新しすぎる」メッセージとは。【イベント情報あり】

11月5日(火)15時25分 PR TIMES

20世紀を代表する絵本作家自らの3部作と呼ぶ"Outside Over There"を、詩人アーサー・ビナードの新訳で刊行します。

株式会社偕成社(出版社 本社:東京都新宿区 代表取締役社長:今村正樹)は、『かいじゅうたちのいるところ』(コルデコット賞受賞/冨山房)で著名な絵本作家モーリス・センダックの絵本『父さんがかえる日まで』を、詩人アーサー・ビナードの新訳で出版します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/26693/52/resize/d26693-52-347956-0.jpg ]

20世紀を代表する絵本作家モーリス・センダックによる本書(原題 "Outside Over There")は、1983年に福音館書店から『まどのそとのそのまたむこう』(わきあきこ 訳)として刊行されていました。その後、長く品切重版未定(2002年に限定復刊され、再び品切れ)となっていましたが、このたび、詩人・翻訳家のアーサー・ビナードの新訳で、『父さんがかえる日まで』として偕成社から刊行することになりました。

本書は、『かいじゅうたちのいるところ』(コルデコット賞受賞/1975年 冨山房刊)『まよなかのだいどころ』(1982年 冨山房刊)とともに、作者自身が自らの3部作とよび、全米図書賞を受賞したモーリス・センダックの代表作の1つです。


あらすじ

船乗りの父さんが航海に出たあと、母さんはその帰りを待ちわびるだけで、どこかうわのそらです。かわりに、姉さんのアイダが、ちいさな妹の子守りをしなければなりません。ところが、よそ見をしていたすきに、妹がゴブリンにさらわれてしまいました! あとにのこされていたのは、氷でできた、そっくりさんです。

[画像2: https://prtimes.jp/i/26693/52/resize/d26693-52-671797-1.jpg ]


妹がとりかえられたことに気づき、怒ったアイダ。母さんのレインコートをきて、ホルンをポケットに入れ、妹の救出に向かいます。ところが、窓を出るとき、うっかり後ろ向きに出たために、“ふわふわふわのうわのそら”をさまようことになってしまったのです。
[画像3: https://prtimes.jp/i/26693/52/resize/d26693-52-255316-2.jpg ]

はたしてアイダは妹を、ゴブリンから取り返せるのでしょうか?


訳者アーサー・ビナードが『父さんがかえる日まで』にみた「新しすぎる」メッセージ

Outside Over Thereの原書が刊行されたのは、ビナード氏が中学生の頃。センダック好きだったため、繰り返し読みながらも、本にこめられた意味については当時あまり意識していませんでした。しかし、今回数年にわたり翻訳に取り組むなかで、この絵本にこめられた、当時では「新しすぎる」メッセージに気づいたそうです。

「現代人のぼくらは、一見つながっているように見えて、実は向き合っていないという問題。夫婦でも親子でも、形の上では関係が成立しているが、本気で相手を思って心を込めて見つめ合うということを今、ぼくらはしていないのではないか––––物語を通してセンダックが問いかけてくるのだ。」(2019年10月「月刊 絵手紙」より)

「赤ん坊の妹の面倒をみなければならない」主人公のアイダが、怪物のゴブリンたちに妹をさらわれたことにより、はじまる冒険。この冒険をとおしてアイダが見つけたものはなんだったのでしょうか。

センダックからのメッセージをより味わえるビナード氏ならではの訳で、新しくなった"Outside Over There"『父さんがかえる日まで』をお楽しみください。


【イベント情報】“センダックといっしょに未来を見つめる” 〜『父さんがかえる日まで』刊行記念〜


アーサー・ビナード氏講演会
“センダックといっしょに未来を見つめる” 〜『父さんがかえる日まで』刊行記念〜

『父さんがかえる日まで』について、アーサー・ビナードさんに翻訳の過程や、新訳にこめた思いについて伺います。

日時:2019年12月5日(木)18:00〜19:30
会場:教文館ナルニア国店内
住所:東京都中央区銀座4丁目5−1 教文館ビル6F
定員:60名
参加費:1000円

<申し込み方法>
メールまたはお電話で(先着順)

●メール
申込メールアドレス:narnia@kyobunkwan.co.jp
件名:「12月5日アーサー・ビナード氏講演会参加希望」
本文:1.参加者のお名前 2.電話番号

●電話
申込み電話番号:03-3563-0730(午前10時〜午後8時) ※1コール1名様のみ



著者紹介

モーリス・センダック Maurice Sendak (1928─2012)
アメリカ、ニューヨーク州生まれ。従来の絵本の枠組みを広げる多くの優れた作品を生みだした20世紀を代表する絵本作家。『かいじゅうたちのいるところ』でコルデコット賞、本書『父さんがかえる日まで』で全米図書賞を受賞。作品に『まよなかのだいどころ』『ロージーちゃんのひみつ』『ふふふん へへへん ぽん!』など多数。業績に対して、国際アンデルセン賞画家賞、ローラ・インガルス・ワイルダー賞、アストリッド・リンドグレーン記念文学賞などが贈られている。

アーサー・ビナード Arthur Binard (1967─)
アメリカ、ミシガン州生まれ。コルゲート大学で英米文学を学んだ後、卒業と同時に来日し、日本語による詩作を始める。詩集『釣り上げては』で中原中也賞を受賞。文章を手がけた絵本に『さがしています』(講談社出版文化賞絵本賞)、『ここが家だ ─ ベンシャーンの第五福竜丸』(日本絵本賞)、『ドームものがたり』(日本絵本賞)、翻訳した絵本に『ホットケーキできあがり』『プレッツェルのはじまり』などがある。


新刊書籍詳細


[画像4: https://prtimes.jp/i/26693/52/resize/d26693-52-347956-0.jpg ]

書名:父さんがかえる日まで
作:モーリス・センダック
訳:アーサー・ビナード
定価:2,000円+ 税
対象:5歳から
サイズ:24cm×26cm
ページ数:40ページ
ISBN コード:978-4-03-328620-4
発売時期:2019年11月20日
偕成社HP:https://www.kaiseisha.co.jp/books/9784033286204

PR TIMES

「絵本」をもっと詳しく

「絵本」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ