エキナカスペースをシェアリングで手軽に出店! 新型ポップアップストア「SUKIMA STORE」を開催 JR東日本グループとカウンターワークスの協業!

11月5日(火)11時25分 PR TIMES

期間:2019年11月5日(火)〜 場所:JR大崎駅構内

株式会社JR東日本リテールネット(以下、JR東日本リテールネット)とポップアップストア向けスペースを貸し借りできるオンラインマーケットプレイス「SHOPCOUNTER(ショップカウンター)」を運営する株式会社COUNTERWORKS(カウンターワークス)(以下、カウンターワークス)は、JR東日本スタートアップ株式会社(以下、JR東日本スタートアップ)のサポートを受け、2019年11月5日(火)から、JR大崎駅構内でEC事業者、クリエイター、アーティストなどのリアル店舗出店促進を目的としたポップアップストアの展開を行います。

今回、JR東日本グループとカウンターワークスが、駅のデッドスペースを利活用し、新規出店者のエキナカ出店に対応するため、新たに共同開発した新型ポップアップストア「SUKIMASTORE(スキマストア)」をオープンします。このストアは、決済を交通系ICカードなどに限定したキャッシュレス店舗で、出店者は空きスペースの所有者と、利用希望者をマッチングする「SHOPCOUNTER」のネットワークを活用して募集。第一弾として、ECで人気の女性向けの貼るネイル、2019年に立ち上がった抹茶ブランド、ECで販売するカカオバター由来のスキンケアアイテム、EC宅配食材ブランド発のスイーツなどECサイトやクリエイター、アーティストの人気商品を販売します。

多くの人が往来する駅構内は、催事等のニーズが高い一方で、スペースの確保が課題でしたが、「SUKIMA STORE」の導入で、これまで催事等を行うことが困難だったデッドスペースの有効利用ができるほか、事業者の駅構内への出店コストや出店にかかる時間を抑えることが可能で、新たなビジネス機会やフィールド創出が期待できます。

【実証実験概要】
内容:エキナカ新型ポップアップストア「SUKIMA STORE」を使った商品販売
期間:11月5日(火)〜
場所:JR大崎駅構内 北改札内

ポップアップストア「SUKIMA STORE」
駅のデッドスペース(SUKIMA)でStartUpの出店者が新たなチャレンジをできるストア


[画像1: https://prtimes.jp/i/34286/55/resize/d34286-55-876430-0.png ]

JR東日本グループとカウンターワークスが、駅のデッドスペースを活用し、StartUpのリテーラー・メーカーやEC事業者、クリエイター、アーティストなどのリアル店舗での出店を支援します。

出店者は、雑貨やグッズ、食物販などを中心アイテムに「SHOPCOUNTER」を活用して募集。専用什器を設置することで、出店時の初期投資負担や出店にかかる時間を抑え、これまでエキナカでの出店経験がない事業者もチャレンジしやすい環境づくりを実現します。


[画像2: https://prtimes.jp/i/34286/55/resize/d34286-55-153010-2.jpg ]

(1)仕様
大きさ:
横 約1.8メートル
奥行き 約0.8メートル
高さ 約2.0メートル

(2)取り扱い商品 
ネイルシールやチーズケーキ等ECサイトで人気の商品

(3)決済方法
Suica等の交通系ICカード、クレジットカード

(4)出店者の募集
「SUKIMA STORE」への出店お申込み先:https://shopcounter.jp/space/2904
今後の出店者は、11月5日(火)以降「SHOPCOUNTER」内で募集。
カウンターワークスとJR東日本リテールネットの2社が希望者の中から出店者を選定します。

【カウンターワークスとJR東日本グループ】
カウンターワークスは、ポップアップストアの為の短期貸し店舗やイベントスペースを簡単に予約できるオンラインスペースシェアサービス「SHOPCOUNTER」の運営を行うベンチャーです。2017年のJR東日本スタートアッププログラムの採択企業となり、昨年実証実験を行うなど、駅の利便性向上に向けて協業を進めています。

【JR東日本スタートアッププログラム】とは
ベンチャー企業や様々なアイディアを有する方々から、駅や鉄道、グループ事業の経営資源や情報資産を活用したビジネス・サービスの提案を募り、ブラッシュアップを経て実現していくプログラムです。2017年度に初めて開催し、これまでに計42件の提案を採択。内閣府主催の2018年度 第1回日本オープンイノベーション大賞で経済産業大臣賞を受賞しました。鉄道事業やIT事業など幅広い分野の実証実験を行い、一部の取組みは実用化しています。

■各社概要
JR東日本リテールネット
所在地 : 東京都新宿区西新宿2-3-1新宿モノリス29階
代表者 : 代表取締役社長 高橋 眞
設立 : 1987年6月
事業内容 : 小売業等
URL : https://j-retail.jp/

JR東日本スタートアップ
所在地 : 東京都新宿区西新宿1-1-6-1201
代表者 : 代表取締役社長 柴田 裕
設立 : 2018年2月
事業内容 : 事業シーズや先端技術の調査・発掘、ベンチャー企業への出資及びJR東日本グループとの協業推進
URL : http://jrestartup.co.jp/

カウンターワークス
所在地 : 東京都目黒区下目黒2-19-6 F&Tビル2F
代表者 : 代表取締役CEO 三瓶 直樹
設立 : 2014年10月
事業内容 : ポップアップストアのマーケットプレイス「SHOPCOUNTER」の企画・開発・運営
URL : https://www.counterworks.jp/

ポップアップストア「SUKIMA STORE」に出店するショップ名と商品について

<11 月5日〜11月11日>
ショップ名:DOREHAL?(ドレハル?)
商品概要:簡単貼るだけネイルシール。「本物のマニキュア」の見た目と「本物のジェルネイル」のぷっくり感を追及したハイクオリティなネイルシール
[画像3: https://prtimes.jp/i/34286/55/resize/d34286-55-199469-1.png ]


<11月12日〜11月18日>
ショップ名:千休 (senkyu)
商品概要:京都宇治で栽培された本格宇治抹茶を使用し、感謝のことば「Thank you」と掛け合わせた抹茶専門SHOP千休(senkyu)
[画像4: https://prtimes.jp/i/34286/55/resize/d34286-55-762661-3.png ]


<11月19日〜11月25日>
ショップ名:soko
商品概要:体温に近い温度で溶け出す唯一の植物性バターであるカカオバターによるスキンケアアイテム
肌なじみが良くべたつきにくい使用感、リラックス効果のある香りとともにお肌を乾燥から守ります
[画像5: https://prtimes.jp/i/34286/55/resize/d34286-55-335770-4.png ]


<11月26日〜12月2日>
ショップ名:TASTY BASQ (テイスティーバスク)
商品概要:バスク風チーズケーキ
こんがりと焦げがついた表面のほろ苦さと、ベイクドなのに中心は口の中でとろけるほどなめらかで濃厚!これまで食べたことのない新感覚の味わいのチーズケーキです
[画像6: https://prtimes.jp/i/34286/55/resize/d34286-55-359247-5.png ]

PR TIMES

「JR東日本」をもっと詳しく

「JR東日本」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ