人口1200人弱の小さな村、北海道赤井川村が国内外への魅力発信のため「観光地域つくり法人(DMO)」を発足

11月5日(木)20時16分 PR TIMES

〜 国の観光促進の為の事業2件が既に選定済〜

北海道の注目観光エリアである北しりべしにある赤井川村は人口1200人に満たない小さな村の主な産業は農業と観光業です。「日本で最も美しい村」連合に加盟しており、四方を山に囲まれた「カルデラ」のような地形が四季折々の美しい景色を見せるとともに、盆地特有の内陸気候により北海道で最も降雪量の多い地域のひとつとされています。また昼夜の気温差が大きいことから、良質な果物や野菜が作られています。
また、村内に位置するキロロリゾートには良質の雪を求めて国内外から多くのスノースポーツ愛好家が訪れており、村の観光資源として、また北後志地域のゲートウエイとして大きな役割を果たしています。

この度、これまで以上に国際的に魅力的のある地域つくりを目指し、赤井川村と村内の事業者が連携して活動する「観光地域つくり法人」として「一般社団法人 赤井川村国際リゾート推進協会」(以下、赤井川村DMO)が設立されました。設立よりわずかな期間にも関わらず、すでに観光庁から2020年度における2つの異なる事業が採択されるという好スタートを切っています。

ニュースリリース
報道関係各位
2020年11月5日
一般社団法人 赤井川村国際リゾート推進協会

人口1200人弱の小さな村、北海道赤井川村が
国内外への魅力発信のため「観光地域つくり法人(DMO)」を発足
〜 国の観光促進の為の事業2件が既に選定済〜

[画像: https://prtimes.jp/i/68901/2/resize/d68901-2-931372-0.png ]



【北海道/2020年11月5日】
北海道の注目観光エリアである北しりべしにある赤井川村は人口1200人に満たない小さな村の主な産業は農業と観光業です。「日本で最も美しい村」連合に加盟しており、四方を山に囲まれた「カルデラ」のような地形が四季折々の美しい景色を見せるとともに、盆地特有の内陸気候により北海道で最も降雪量の多い地域のひとつとされています。また昼夜の気温差が大きいことから、良質な果物や野菜が作られています。
また、村内に位置するキロロリゾートには良質の雪を求めて国内外から多くのスノースポーツ愛好家が訪れており、村の観光資源として、また北後志地域のゲートウエイとして大きな役割を果たしています。

この度、これまで以上に国際的に魅力的のある地域つくりを目指し、赤井川村と村内の事業者が連携して活動する「観光地域つくり法人」として「一般社団法人 赤井川村国際リゾート推進協会」(以下、赤井川村DMO)が設立されました。設立よりわずかな期間にも関わらず、すでに観光庁から2020年度における2つの異なる事業が採択されるという好スタートを切っています。


協会の代表理事を務める渡邊裕文は以下のように述べています。

「赤井川村の魅力はカルデラ地形が創り出す美しい村の地形と気候です。この環境が生み出すコンテンツは農業、林業そして観光業に密接に関係しています。各々のコンテンツを統合的かつ戦略的に関連付けつけることにより、新しく、魅力的で、かつユニークな地域観光コンテンツの創造という使命を赤井川DMOが担っていると考えています。
観光という一つの流通チャンネルを使い、その先に控える村の既存産業の活性化を促すとともに潜在的なコンテンツを発見し、新しい産業の創造に中長期的な視点をもって取り組んでいきます。
わずか1200名に満たない村が、豊かで日本有数の美しく幸せな村であり続ける、そんな夢を追い続けることの楽しみを、赤井川村とその近隣市町村の皆様と共有できる機会をいただいたことに感謝しています。
コンテンツに関して、既存のものはブラッシュアップし、新しいものをさらに創造して情報発信の充実を図ってまいります。そして近隣の地域コンテンツとの融合を通して、夢を具現化し地域貢献に努力してまいりますので、今後の活動にご期待ください。」

2020年度観光庁による採択済の事業内容
1. 観光庁「国際競争力の高いスノーリゾート形成計画」

事業タイトル:赤井川村のスノーリゾートを地域一体となって応援しよう!

赤井川村DMO設立 初めての取組みとなった本事業は、”アプレスキー(スキー後の時間を楽しむ)”のコンテンツ造成・グリーンシーズンのコンテンツ造成・受入環境の整備・二次交通の確保・情報発信(プロモーション資材の作成等)の4つの取り組みを柱に、それぞれ関係機関と連携を取りながら進められています。そのうちの1つとして、この冬キロロリゾートにて下記のイベントが開催されます。

『キロロスノービレッジ』
2か月半の間、キロロリゾート内に小さなテーマパークが誕生。雪国の文化と幻想的な空間を世界へ発信します。 イルミネーションで彩られたスノービレッジでは幅広い年齢層の方々に「雪」と「光」を楽しんでいただけます。

開催場所:キロロリゾート
開催期間:2020年12月24日(木)〜2021年3月13日(土)(予定)
イルミネーションタイム:17:00〜22:00
主な内容:かまくら体験、北海道グルメとカフェバー、スノーキャンドル作り、かまくら広場、巨大スクリーンビジョン、後志観光プラザ、雪像、キャンドルロード、光のモニュメント等

   キロロ スノービレッジ ニュースページ:https://www.kiroro.co.jp/ja/news/kiroro-snow-village/


2. 観光庁「誘客多角化等のための滞在コンテンツ造成」

事業タイトル:『AKAIGAWA Snow Fantasy(赤井川スノーファンタジー)』

3日間の野外イベント。”アプレスキー(スキー後の時間を楽しむ)”の文化をより多くの人に体験していただけるよう、また、地元赤井川の知られざる観光コンテンツ「雲海」を近年注目を集めるドローンエンターテインメントショーで表現。十分なソーシャルディスタンスが確保でき、歓声を送るのではなく目で見て音を聴いて楽しむことができる内容にすることでコロナ対策を徹底します。

開催場所:キロロリゾート
開催日:2021年2月26日(金)〜2月28日(日)(予定)
主な内容:ドローンエンターテインメントショー、キャンドルナイト等

   AKAIGAWA Snow Fantasy公式サイト: https://visit-akaigawa.com/snowfantasy/

■赤井川村国際リゾート推進協会(赤井川村DMO)
設立時期:2020年7月20日
構成:赤井川村商工会・赤井川村観光協会・キロロリゾートから各責任者を選出
事務局:北海道余市郡赤井川村常盤128番地1キロロリゾート内


赤井川村とは 
北海道の注目観光エリアである北しりべし地域にある赤井川村は小樽の南に位置する人口1200人に満たない小さな村です。村の主な産業は農業と観光業で、「日本で最も美しい村」連合に加盟しており、四方を山に囲まれた「カルデラ」のような地形が四季折々の美しい景色を見せるとともに、盆地特有の内陸気候により北海道で最も降雪量の多い地域のひとつです。村内にあるキロロリゾートには良質の雪(パウダースノー)を求めて国内外からスノースポーツ愛好家が訪れます。また昼夜の気温差が大きいことから、糖度の高い良質な果物や野菜が作られています。

オフィシャル YOU TUBE : 赤井川村 2020年夏編 https://youtu.be/Uk7GDqZDY6c


【本件に関するメディアお問合せ】
赤井川村DMO事務局 担当 小野寺・栗原
Eメール:info@visit-akaigawa.com

PR TIMES

「観光地」をもっと詳しく

「観光地」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ