大阪・京都・ひょうご神戸の三都合同ブランド「Kansai Startup Mashups」京阪神スタートアップ・エコシステムを「Dealroom」ポータルサイトで世界に向け発信!

2023年11月6日(月)16時46分 PR TIMES

 日本貿易振興機構(ジェトロ)大阪本部(以下、ジェトロ大阪本部)では、公益財団法人大阪産業局(以下、大阪産業局)、京阪神スタートアップ・エコシステムコンソーシアムと連携し、京阪神のスタートアップに関わる最新情報を「Dealroom」(よみ:でぃーるるーむ)のポータルサイトに公開しました。
■Explore the Kansai Startup Ecosystem:https://kansai.dealroom.co/intro

[画像: https://prtimes.jp/i/71241/161/resize/d71241-161-396c368cfae9e4df185e-0.png ]

 ジェトロ大阪本部は、昨年度、大阪産業局、京阪神スタートアップ・エコシステムコンソーシアムと連携し、関西発でグローバルに挑戦するスタートアップを支援するためのブランド「Kansai Startup Mashups」(よみ:かんさい すたーとあっぷ まっしゅあっぷす)を合同で立ち上げました。
 大阪・京都・ひょうご神戸には、バイオ・ヘルスケア関連企業やものづくり企業・ICT関連企業、さらには大学・研究機関の集積など、スタートアップが挑戦しやすい環境が整っています。こうした環境の強みから、2020年に国が推進する世界に伍するスタートアップ拠点戦略のグローバル拠点都市に「大阪・京都・ひょうご神戸コンソーシアム(事務局:大阪産業局)」が選定され、大学、企業、自治体等が連携したエコシステム形成に取り組んでいます。

 そして今回、「Kansai Startup Mashups」ブランドによるグローバル化の取り組みを加速させることを目的に、世界のスタートアップとエコシステムに関するデータを提供するオランダのDealroom.coが運営するポータルサイトに、京阪神のスタートアップリストとその資金調達やEXIT状況、行政や大学、アクセラレーター等の支援機関リスト、イベント情報などを公開し、京阪神スタートアップ・エコシステムのポテンシャルを海外の投資家(VC)や大企業(CVC)などに向けて発信します。

 2025年に控える大阪・関西万博を機に、海外から関西(京阪神)スタートアップ・エコシステムへの関心が高まることが期待されており、このポータルサイトで京阪神スタートアップ・エコシステムの魅力、ポテンシャルを英語の情報とデータ(数字)で発信するとともに、海外への広報活動も併せて行っていきます。
今後はさらに、うめきた二期、アフター関西万博を見据えて世界に伍するスタートアップ・エコシステムを作り上げ、関西発のユニコーン企業誕生や大きく成長するスタートアップの創出・支援につながる仕組みづくりをめざします。

■Explore the Kansai Startup Ecosystem: https://kansai.dealroom.co/intro

【本件に関する取材・問合せ先】
日本貿易振興機構(ジェトロ)大阪本部イノベーション課
担当:石丸、酒井
電話:06-4705-8603 メールアドレス:osd@jetro.go.jp

PR TIMES

「阪神」をもっと詳しく

「阪神」のニュース

「阪神」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ