【今年もやってくる年末調整!派遣会社に調査】年末調整業務を行う担当者の約7割が「負担になっている」と回答 約4割が「年末調整のペーパーレス化」を検討

2023年11月6日(月)13時16分 PR TIMES

〜理由として「スピーディーな回収と計算をするため」など〜

 人材派遣管理システム「スタッフナビゲーター」を提供するユニテックシステム株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:渡辺 正憲)は、人材派遣会社に勤めており、年末調整業務を行っている担当者111名を対象に、派遣会社の年末調整業務に関する実態調査を実施しましたので、お知らせいたします。

調査サマリー


[画像1: https://prtimes.jp/i/132020/1/resize/d132020-1-edfd582b997d9ea02d81-0.jpg ]


▼本調査のレポートダウンロードはこちら
https://www.uts-navi.com/press/research202310.html

調査概要


調査概要:派遣会社の年末調整業務に関する実態調査
調査方法:IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー(R)︎」の企画によるインターネット調査
調査期間:2023年10月6日〜同年10月10日
有効回答:人材派遣会社に勤めており、年末調整業務を行っている担当者111名
※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはなりません。

約7割が、年末調整の業務が「負担になっている」と回答


 「Q1.あなたは、年末調整の業務が負担になっていますか。」(n=111)と質問したところ、「かなり負担になっている」が19.8%、「やや負担になっている」が47.7%という回答となりました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/132020/1/resize/d132020-1-8ff38458e0d02fd84074-0.jpg ]

・かなり負担になっている:19.8%
・やや負担になっている:47.7%
・あまり負担になっていない:21.6%
・全く負担になっていない:9.9%
・わからない/答えられない:0.9%

「扶養控除等(異動)申告書」の回収方法、55.9%が「従業員に用紙を配付し記入してもらい回収」


 「Q2.あなたのお勤め先では、「扶養控除等(異動)申告書」をどのような方法で回収していますか。」(n=111)と質問したところ、「従業員に用紙を配付し記入してもらい、回収している」が55.9%、「従業員に専用システムに入力してもらい、回収している」が33.3%という回答となりました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/132020/1/resize/d132020-1-9825cc652f3c905fb085-0.jpg ]

・従業員に用紙を配付し記入してもらい、回収している:55.9%
・従業員に専用システムに入力してもらい、回収している:33.3%
・その他:4.5%
・わからない/答えられない:6.3%

年末調整手続きの電子化には税務署長の承認が不要となったことについて、54.8%から「知らない」の声


 Q2で「従業員に用紙を配付し記入してもらい、回収している」と回答した方に、「Q3.「年末調整手続き」の電子化には、税務署長の承認が不要となったことを知っていますか。」(n=62)と質問したところ、「知っている」が45.2%、「知らない」が54.8%という回答となりました。
[画像4: https://prtimes.jp/i/132020/1/resize/d132020-1-3f53a84c370a159ad797-0.jpg ]

・知っている:45.2%
・知らない:54.8%

扶養控除等(異動)申告書の回収に関する課題、「期日までに提出してくれない」「記入した内容が間違っていることが多い」など


 Q2で「従業員に用紙を配付し記入してもらい、回収している」と回答した方に、「Q4.扶養控除等(異動)申告書を回収する上で課題に感じていることを教えてください。(複数回答)」(n=62)と質問したところ、「期日までに提出してくれない」が74.2%、「記入した内容が間違っていることが多い」が67.7%、「記入方法についての質問が多い」が40.3%という回答となりました。
[画像5: https://prtimes.jp/i/132020/1/resize/d132020-1-031765ef5631361f2b6b-0.jpg ]

・期日までに提出してくれない:74.2%
・記入した内容が間違っていることが多い:67.7%
・記入方法についての質問が多い:40.3%
・用紙がかさばる:33.9%
・従業員が用紙を紛失することがある:27.4%
・その他:1.6%
・特にない:8.1%
・わからない/答えられない:0.0%

扶養控除等(異動)申告書を修正する場合、32.3%は書類のやりとりに「4日以上」必要


 Q2で「従業員に用紙を配付し記入してもらい、回収している」と回答した方に、「Q5.修正が必要な場合、従業員とのやりとり(用紙の往復)に、どれくらいの時間がかかりますか。」(n=62)と質問したところ、「4日以上」が32.3%、「2~3日程度」が27.4%という回答となりました。
[画像6: https://prtimes.jp/i/132020/1/resize/d132020-1-5195ff116cf4331d4765-0.jpg ]

・半日程度:19.4%
・1日程度:12.9%
・2~3日程度:27.4%
・4日以上:32.3%
・わからない/答えられない:8.1%

年末調整に関する従業員ひとりあたりの作業時間、21.0%が「30分以上」という結果に


 Q2で「従業員に用紙を配付し記入してもらい、回収している」と回答した方に、「Q6.年末調整の業務全体(用紙配付〜源泉徴収票配付)の従業員ひとりあたりの作業時間を教えてください。」(n=62)と質問したところ、「10分未満」が25.8%、「10~20分未満」が25.8%、「30分以上」21.0%という回答となりました。
[画像7: https://prtimes.jp/i/132020/1/resize/d132020-1-f01400f593763af3affb-0.jpg ]

・10分未満:25.8%
・10~20分未満:25.8%
・20~30分未満:16.1%
・30分以上:21.0%
・わからない/答えられない:11.3%

「扶養控除等(異動)申告書」を用紙で配布している企業のうち8割以上から、「ペーパーレス化したい」の声


 Q2で「従業員に用紙を配付し記入してもらい、回収している」と回答した方に、「Q7.あなたは、「扶養控除等(異動)申告書」の回収をペーパーレス化(電子化)したいと思いますか。」(n=62)と質問したところ、「非常にそう思う」が30.6%、「ややそう思う」が50.0%という回答となりました。
[画像8: https://prtimes.jp/i/132020/1/resize/d132020-1-4d5a9ffb9d3d130a2c12-0.jpg ]

・非常にそう思う:30.6%
・ややそう思う:50.0%
・あまりそう思わない:8.1%
・全くそう思わない:3.2%
・わからない/答えられない:8.1%

今後の「扶養控除等(異動)申告書」の回収について、約4割が「ペーパーレス化を検討」


 Q2で「従業員に用紙を配付し記入してもらい、回収している」と回答した方に、「Q8.あなたのお勤め先では、「扶養控除等(異動)申告書」の回収をペーパーレス化(電子化)する計画はありますか。」(n=62)と質問したところ、「年内にペーパーレス化を計画している」が4.8%、「来年以降でペーパーレス化を検討している」が11.3%、「時期は決まっていないが、ペーパーレス化を検討している」が19.4%という回答となりました。
[画像9: https://prtimes.jp/i/132020/1/resize/d132020-1-ac721386a4b24ac7ce56-0.jpg ]

・年内にペーパーレス化を計画している:4.8%
・来年以降でペーパーレス化を検討している:11.3%
・時期は決まっていないが、ペーパーレス化を検討している:19.4%
・ペーパーレス化の計画はない:51.6%
・わからない/答えられない:12.9%

「扶養控除等(異動)申告書」の回収をペーパーレス化する理由、「スピーディーな回収と計算をするため」が72.7%で最多


 Q8で「年内にペーパーレス化を計画している」「来年以降でペーパーレス化を検討している」「時期は決まっていないが、ペーパーレス化を検討している」と回答した方に、「Q9.「扶養控除等(異動)申告書」の回収をペーパーレス化(電子化)する理由を教えてください。(複数回答)」(n=22)と質問したところ、「スピーディーな回収と計算をするため」が72.7%、「年末調整に関わる作業時間を減らすため」が63.6%、「計算ミスをなくすため」が40.9%という回答となりました。
[画像10: https://prtimes.jp/i/132020/1/resize/d132020-1-62f0cba86130ba7bf009-0.jpg ]

・スピーディーな回収と計算をするため:72.7%
・年末調整に関わる作業時間を減らすため:63.6%
・計算ミスをなくすため:40.9%
・紙の保管スペースを削減するため:36.4%
・プライバシーに配慮するため:22.7%
・その他:0.0%
・わからない/答えられない:0.0%

まとめ


 今回は、人材派遣会社に勤めており、年末調整業務を行っている担当者111名を対象に、派遣会社の年末調整業務に関する実態調査を実施しました。

 まず、年末調整の業務が「負担になっている」という担当者は約7割にのぼり、55.9%の企業では「従業員に用紙を配付し記入してもらう」という方法で扶養控除等(異動)申告書を回収しています。「年末調整手続き」の電子化に税務署長の承認が不要となったことについては、半数以上の担当者がその事実を把握していませんでした。また、用紙配布による扶養控除等(異動)申告書の回収において、多くの担当者が「期日までに提出してくれない」「記入した内容が間違っていることが多い」などの課題を抱えていることが分かりました。「扶養控除等(異動)申告書」を用紙で配布している企業に対して、扶養控除等(異動)申告書回収のペーパーレス化に関する意向を聞いたところ、8割以上から「ペーパーレス化したい」の声が挙がりました。約4割の企業では、現在ペーパーレス化の検討が進んでいるようです。扶養控除等(異動)申告書の回収をペーパーレス化する理由としては、「スピーディーな回収と計算をするため」が72.7%で最多という結果になりました。

 今回の調査では、扶養控除等(異動)申告書を用紙で配布・回収している人材派遣会社も多く、年末調整業務の負担が大きいという実態が明らかになりました。業務効率化やペーパーレス化のニーズが高まる中、人材派遣会社の担当者からは、年末調整業務のペーパーレス化を希望する声が挙がっています。年末調整業務を効率化し、ひいては社内全体の業務改善を目指す上で、人材派遣管理システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

▼本調査のレポートダウンロードはこちら
https://www.uts-navi.com/press/research202310.html

オールインワンシステムで人材派遣のすべての業務フローに対応!人材派遣管理システム「スタッフナビゲーター」


[画像11: https://prtimes.jp/i/132020/1/resize/d132020-1-4b5f697d22a91347637f-0.jpg ]

人材派遣管理システム「スタッフナビゲーター」は、派遣業における日常の煩雑な業務を簡単かつスムーズに処理出来るシステムです。派遣スタッフの管理、お仕事の管理、契約書発行、給与・請求計算などの基本機能を標準搭載し、派生業務をオプション機能としました。2001年の販売開始から全国の派遣会社様にご利用頂き約20年。派遣業における現場フローを熟知し、そのノウハウを人材派遣管理システム「スタッフナビゲーター」に凝縮しました。スマートなインターフェースで導入したその日から運用可能です。

【スタッフナビゲーターの特徴】
・創立38年のシステムメーカーによる自社開発製品
・発売から20年 ロングセラーパッケージシステム
・Naviシリーズ累計3000社導入突破
・小さく使い始めて機能を追加できる拡張性
・機能強化や法対応のアップデート
・メーカーならではの手厚いサポート

詳しくはこちら:https://www.uts-navi.com/staffnavi/

会社概要


会社名  :ユニテックシステム株式会社
設立   :昭和61年10月8日
代表取締役:渡辺 正憲
所在地  :〒110-0005 東京都台東区上野1-10-10 うさぎやビル6階
事業内容 :ソフトウェア開発事業
      ハードウェア開発事業
      WEB開発事業
      ITコンサルティング事業
      海外事業(UTSミャンマー)
URL   :https://www.uts-navi.com/

PR TIMES

「年末調整」をもっと詳しく

「年末調整」のニュース

「年末調整」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ