ダメ営業マンがハマる3つの罠「いらぬ質問・機会損失・ケアレスミス」

11月7日(水)6時0分 ダイヤモンドオンライン

結果を出せない営業がハマりがちな「3つの罠」とは… Photo:PIXTA

写真を拡大


営業センスやコミュニケーション能力は決して悪くはないのに、なぜか営業成績が振るわないという人は多い。そうした人は自分で気が付かないうちに「3つの罠」にハマっている可能性がある。その営業職がハマりがちな「3つの罠」について解説する。(営業サポート・コンサルティング代表取締役、営業コンサルタント 菊原智明)


ダメ営業マンは
何がいけないのか


 ダメ営業マンとトップ営業マンの「結果の差」は天と地ほど離れている。売り上げが10倍、20倍と差がつく場合も少なくない。業界によっては、それ以上の差がつく場合も珍しくはない。


 だからといって、個々の営業センスやコミュニケーション能力はそれほど差がない。実際、話をしても《どっちがトップ営業マンでどっちがダメ営業マンか分からない》というほど微差なのだ。


 では、ダメ営業マンは何がいけないのだろうか?


 ここでダメ営業マンが気付かないところで大損している「3つの罠」についてお伝えしたい。知れば《なるほど、やらかしているかも》と思い当たることもあると思う。


気が付かなければ
永遠に罠にハマり続ける


 まず、1つ目は「いらぬ質問」という罠。


 これを知らず知らずのうちにやっている営業マンは多い。早いうちに気が付く人はいいが、気が付かなければ永遠に罠にハマり続けることになる。



続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「営業マン」をもっと詳しく

「営業マン」のニュース

「営業マン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ