セブンの時短ガイドラインににじむ「24時間営業を死守」の本音

11月7日(木)6時0分 ダイヤモンドオンライン

ガイドラインができてもセブン-イレブンの深夜閉店にはまだまだハードルがあるようだ Photo:Diamond

写真を拡大


24時間営業の例外を“容認”する歴史的な一歩となるか——。セブン-イレブン・ジャパン(SEJ)は11月1日、全国の加盟店向けに、深夜閉店する「時短営業」のガイドラインを公開した。無人での深夜閉店を可能とした一方で、事前に従業員の募集の徹底や商圏分析をさせるなど、時短営業にたどり着くまでの“条件”も示された。時短を希望する加盟店オーナーを尻込みさせかねない内容に、SEJの本気度は引き続き問われている。(ダイヤモンド編集部 岡田 悟)


深夜閉店は最大8時間、ただし365日連続

お盆や正月だけの深夜閉店認めず


「まあ、一歩前進」——。


 24時間営業問題で揺れるコンビニエンスストア最大手のセブン-イレブン・ジャパン(SEJ)が、ようやく重い腰を上げた。時短営業を希望するための加盟店向けに「ガイドライン」を作成、11月1日に加盟店向けの専用端末「ストアコンピューター」で公開した。ガイドラインを読んだあるオーナーは、複雑そうな表情を浮かべながら、冒頭のように評した。


 24時間営業を事実上、絶対的なルールとして加盟店に強制してきたSEJ。ガイドラインは深夜閉店という例外を“容認”する初めての指針とあって、加盟店側はその中身に注目していた。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「時短」をもっと詳しく

「時短」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ