グロービス経営大学院、2020年5月に横浜・特設キャンパスをJR横浜タワーに移転・常設化 開設2年で受講生は3倍以上、横浜駅直結、ビジネスパーソンの新たな学びの拠点へ

11月7日(木)11時7分 Digital PR Platform


日本最大のビジネススクールであるグロービス経営大学院(東京都千代田区、学長:堀義人)は2020年5月、横浜・特設キャンパスを、現在建設中の横浜駅直結26階建て高層ビル「JR横浜タワー」に移転、常設化します。横浜・特設キャンパスは、移転による受講生の利便性向上とともに、常設化に伴いラウンジの新設などキャンパスの環境を整え、ビジネスパーソンの新たな学びの拠点となります。

<JR横浜タワー 外観イメージ図>

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/572/35843/450_337_201911071000385dc36cb6b78f5.jpg

横浜・特設キャンパスは2017年10月に貸しオフィスにて開設しました。2019年4月に現キャンパス(横浜市神奈川区、JR横浜駅徒歩5分)に移転後も受講生は増加を続け、現在では開設当初の3倍以上に達しています。JR横浜タワーに移転後は、2教室が常設となり、受講生の交流の場であるラウンジや勉強会室を新設します。受講生はより充実した設備とより快適な環境で、マネジメントやリーダーシップの学びを深められるようになります。

横浜・特設キャンパスでは、2020年7月期(7〜10月)に、論理思考力を学ぶ「クリティカル・シンキング」のほか、本キャンパスで初開講となる、企業や事業の戦略の分析方法、および戦略に関する意思決定のアプローチを学ぶ「経営戦略」など、計6科目(7クラス)を開講します(*1)。本キャンパスでの受講後は、東京校などの常設キャンパスやオンライン授業で学びの継続が可能です。1科目から受講できる単科生制度(*2)を利用し、MBA取得を目指す本科に入学した場合には、取得単位に含めることができます。
(*1)横浜・特設キャンパスの現在の開講科目はこちら https://mba.globis.ac.jp/yokohama/pre-mba/
(*2)単科とは、本科に進む前に科目単位で受講できる制度(科目等履修制度)です。本科とは、グロービス経営大学院修士課程のことです。

主な受講者としては、横浜市をはじめ、近隣の川崎市や相模原市、横須賀市に在住で、将来ビジネスや社会活動においてリーダーとして活躍することを目指す方々を想定しています。横浜・特設キャンパスでは、受講機会の提供に加えて、クラス後の懇親会や受講生限定のセミナーなど様々なイベントを開催し、受講生同士の人的ネットワークづくりを支援します。

■グロービス経営大学院「横浜・特設キャンパス」移転・常設化 概要
移転時期:  2020年5月
移転先住所: 神奈川県横浜市西区南幸一丁目1番1号
電話:    0120-153-981(グロービス経営大学院 特設キャンパス事務局)

■グロービス経営大学院「横浜・特設キャンパス」開講 概要 (2020年7月期)
開講科目: クリティカル・シンキング(2クラス開講)
      マーケティング・経営戦略基礎
      アカウンティング基礎
      組織行動とリーダーシップ
      マーケティングI
      経営戦略(横浜・特設キャンパス初開講)
開講クラス数: 7クラス
定員:     35名/1クラス
受講期間:   1科目につき3カ月(1回180分×全6回、隔週開催) 
受講形態:   横浜・特設キャンパスへの通学
受講料:    入学金23,000円、受講料128,000円/1科目
詳細:     https://mba.globis.ac.jp/yokohama/

参考: グロービス経営大学院が「横浜・特設キャンパス」で提供するプログラムの受講イメージ

[画像2]https://digitalpr.jp/simg/572/35843/450_287_201911071000465dc36cbeb40da.jpg

◆グロービス経営大学院
(日本語プログラム: https://mba.globis.ac.jp
 英語プログラム: https://www.globis.ac.jp

グロービス経営大学院は、2003年開始のグロービス・オリジナルMBAプログラムGDBAを前身として、2006年に開学(当初は株式会社立、2008年に学校法人に変更)。開学以来、「能力開発」「人的ネットワークの構築」「志の醸成」を教育理念に掲げ、ビジネスの創造や社会の変革に挑戦する高い志を持ったリーダー輩出のために尽力しています。東京・大阪・名古屋・仙台・福岡の5キャンパスに加え、2014年からオンラインでプログラムを提供。2009年にパートタイム英語MBAプログラム、2012年に全日制英語MBAプログラムを開始し、日本国内のみならず世界各国から留学生を招き入れています。2017年10月にはオンライン英語MBAプログラムを開講しました。2006年開学当初78名だった大学院本科入学者数は、2019年8月には日本語・英語プログラムを合わせて921名に達し、日本最大のビジネススクールに成長しています。グロービス経営大学院は、今後も創造と変革を担うビジネスリーダーの育成を支援し、アジアNo. 1のビジネススクールを目指していきます。

◆グロービス (https://www.globis.co.jp

グロービスは1992年の設立来、「経営に関する「ヒト」「カネ」「チエ」の生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業展開を進めてきました。「ヒト」の面では、学校法人としての「グロービス経営大学院」ならびに、株式会社立のスクール「グロービス・エグゼクティブ・スクール」「グロービス・マネジメント・スクール」、企業内集合研修事業 を行うグロービス・コーポレート・エデュケーションとeラーニングやオンラインクラスなどを提供するグロービス・デジタル・プラットフォーム、「カネ」の面では、ベンチャー企業への投資・育成を行うベンチャー・キャピタル「グロービス・キャピタル・パートナーズ」、「チエ」の面では、出版事業ならびに情報発信サイト/アプリ「GLOBIS知見録」により、これを推進しています。さらに社会に対する創造と変革を促進するため、一般社団法人G1によるカンファレンス運営、一般財団法人KIBOW による震災復興支援および社会的インパクト投資を展開しています。

グロービス:
・学校法人 グロービス経営大学院
 ・日本語(東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン)
 ・英語(東京、オンライン)

・株式会社 グロービス
 ・グロービス・エグゼクティブ・スクール
 ・グロービス・マネジメント・スクール
 ・企業内集合研修
 ・出版/電子出版
 ・「GLOBIS知見録」
・株式会社 グロービス・キャピタル・パートナーズ
・顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司
・GLOBIS ASIA CAMPUS PTE. LTD.
・GLOBIS Thailand Co. Ltd.

その他の活動:
・一般社団法人G1
・一般財団法人KIBOW
・株式会社 茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント


■本件に関するお問い合わせ先
グロービス 広報室 担当:田中隆丞
E-MAIL: pr@globis.co.jp TEL:03-5275-3870 FAX:03-5275-3890 https://www.globis.co.jp

Digital PR Platform

「移転」をもっと詳しく

「移転」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ