美しい景色とともに伝統芸能の「音」を楽しむ新しい特別観光プログラムを小田原ツーリズムが初開催

11月7日(木)14時25分 PR TIMES

小田原ツーリズム主催 江之浦の『 音 』伝統芸能(能楽囃子・雅楽)× 小田原文化財団 江之浦測候所 

類い稀なる景観を保持し、四季折々の変化を肌で感じることができる小田原市の江之浦地区に現代美術作家の杉本博司自らが敷地全体を設計した壮大なランドスケープ「小田原文化財団 江之浦測候所」。株式会社小田原ツーリズムは、その小田原文化財団 江之浦測候所と日本の伝統芸能(能楽囃子・雅楽)とのコラボレーションを楽しめるプログラムを開催いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/50211/3/resize/d50211-3-100244-0.jpg ]

小田原文化財団 江之浦測候所の造形物と自然が織り成す「景色」を感じながら、伝統芸能(能楽囃子・雅楽)が奏でる「音」を楽しむ劇場やコンサート会場とは一味違った特別の演奏プログラムです。

石舞台や光学硝子舞台での能楽囃子、雅楽の演奏をお楽しみいただいたのち、江之浦測候所をご見学いただきます。施設内を回遊しながら、自由な場所で気軽に伝統の「音」をお楽しみください。

江之浦測候所を自由に散策していると、ふと聴こえてくる能楽囃子や雅楽の「音」。景色に溶け込む美しい音色は、ここでしか味わえない体験となることでしょう。当日の天候、時間などで変わる演奏の妙と緩やかに流れる時間を、贅沢にお楽しみください。
[画像2: https://prtimes.jp/i/50211/3/resize/d50211-3-976830-1.jpg ]


《概要》
タイトル:小田原ツーリズム主催 江之浦の『 音 』
伝統芸能(能楽囃子・雅楽) × 小田原文化財団 江之浦測候所

【日時】
2019年12月9日(月)
第1回目 10時〜12時30分(受付開始9時50分〜)
第2回目 14時〜16時30分(受付開始13時50分〜)

2019年 12月10日(火)
第3回目 10時〜12時30分 (受付開始9時50分〜)
第4回目 14時〜16時30分 (受付開始13時50分〜)

※小田原文化財団 江之浦測候所の自由見学時間を含みます。
※雨天決行、荒天時中止といたします。

【会場】
江之浦測候所 (神奈川県小田原市江之浦362-1)
当日はお車でのご来場はご遠慮いただきます。
9時40分から10時05分、13時35分から14時05分に、根府川駅より随時送迎バスがございます。
チケット料金: 5,500円(税込・小田原文化財団 江之浦測候所入館料を含む)
チケット販売:2019 年 11 月 8 日(金)
ローソンチケット 0570-084-003 (Lコード: 37010) https://l-tike.com/

※施設内の特性とお客様の安全性を考慮し、中学生未満のお客様のご来館はご遠慮いただきます。
※団体など各種割引制度は実施しておりません。

【その他】
演奏時間は当日受付にてお伝えいたします。
演奏の時間以外は小田原文化財団 江之浦測候所の見学をご自由にお楽しみいただけます。

詳細はホームページをご覧ください。https://odawara-tour.com

主催:株式会社小田原ツーリズム
後援:小田原市 小田原市観光協会
企画製作:公益財団法人小田原文化財団

株式会社小田原ツーリズム:
小田原の観光ブランドを確立し、地域経済の活性化を目的として設立された地域観光会社。小田原の魅力を国内外に向けて発信し、来訪者(交流人口)の増加を図り、新しい観光産業と雇用の拡大を促進し、自立的かつ永続的な成長循環を創り上げる事を事業ミッションとしています。

※本リリースPDFはこちらよりダウンロードいただけます。
https://prtimes.jp/a/?f=d50211-20191107-7446.pdf

PR TIMES

「小田原」をもっと詳しく

「小田原」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ