玄関あけると「疑似家族」が... 女優&子役と過ごす「20分間の暮らし体験」

11月8日(金)13時1分 J-CASTニュース

家族付きモデルハウス

写真を拡大

住宅メーカーの「リガード」(東京都国分寺市)が実施する"疑似家族付き"住宅見学会が、SNS上で話題となっている。

妻、娘の3人で一家だんらんを過ごす企画で、同社は「暮らしを実現するための手段として、住宅を提供しているという私たちの考え方を知ってほしい」と呼びかける。


「ついにここまで来たか」


リガードは2019年11月17日、疑似家族と暮らす体験ができる住宅見学会を国分寺市で行う。



「"今家族を持たない人に、家族と暮らす幸せを感じてもらう"リアルなバーチャルサービス」と銘打ち、妻、娘役の演者とモデルハウスで交流する。



具体的な体験は次の通りだ。来場者はホームパーティーで使う紙皿の買い出しから戻ってきた場面からスタート。玄関を開けると、妻役の女優・早織さん(31)と7歳の娘が「おかえりなさい」と出迎え、リビングに移動。クラッカーにトマトを乗せるなどパーティーの準備を進め、途中にはテラスで妻とビールを飲みながら休憩する。



時間は20分ほど。演出は京都市を拠点とする劇団「ヨーロッパ企画」の諏訪雅さんが手掛け、アドリブにも対応できるよう稽古を重ねたという。


企画が公開されると、ツイッター上で反響を呼び、「ついにここまで来たか」「企画はおもしろいけど昭和感‥」とさまざまな声が寄せられている。



体験した男性の感想は?


リガードの担当者は8日、J-CASTニュースの取材に対し、企画の狙いを「暮らしを実現するための手段として、住宅を提供しているという私たちの考え方を知ってほしい」と話す。



実際に体験した同社の独身男性(29)に感想を聞くと、「最初は戸惑いはあったものの、だんだんと『ちょっと、いいな』と(笑)終わりがけに一抹の寂しさみたいなものを感じました」と満足げ。家族がいる幸せを実感したそうだ。



11月4〜12日の期間、専用サイトで募集をし、現時点で7人の応募がきている。反響があれば今後の実施も検討するとした。

J-CASTニュース

「家族」をもっと詳しく

「家族」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ