玉置浩二の最新ツアーより、最終公演を2024年1月にWOWOWにて放送・配信!

2023年11月8日(水)20時46分 PR TIMES

https://www.wowow.co.jp/music/tamakikoji/

玉置浩二 Concert Tour 2023 故郷BAND 〜田園〜
1月放送・配信予定

ソロデビュー35周年・安全地帯デビュー40周年を超えてなお、新たな音楽表現に挑み続ける玉置浩二。新年の始まりにふさわしい珠玉のライブを特集編成!
[画像: https://prtimes.jp/i/1355/7506/resize/d1355-7506-0417084c151dcd338f0d-0.jpg ]

 2022年、ソロデビュー35周年・安全地帯デビュー40周年のダブルアニバーサリーイヤーを精力的なコンサート活動で駆け抜けた玉置浩二。明けて2023年、オーケストラとの共演や故郷BANDとの全国ツアーを開催するなど、彼の音楽へのあふれんばかりの情熱はさらに燃えさかっている。WOWOWでは、2024年のお正月に、最新ソロツアーを含む合計3本のライブを連続放送予定。安全地帯のメンバーを含む屈強なバンド〜Love Timers〜とともに白熱のステージを展開した2014年のツアー「玉置浩二 GOLD TOUR 2014 “サーチライト”」。安全地帯のデビュー35周年に開催した2017年の「ALL TIME BEST 「35」〜35th Anniversary Tour 2017〜」。最新ソロツアー「玉置浩二 Concert Tour 2023 故郷BAND 〜田園〜」と合わせて、玉置浩二の音楽の魅力を存分に堪能していただきたい。

<ラインナップ>
玉置浩二 Concert Tour 2023 故郷BAND 〜田園〜
2024年1月放送・配信予定
自らの人生を音楽にささげ、歌い続ける玉置浩二。全国32会場36公演に及ぶ最新ソロツアーの中から東京国際フォーラム ホールAでの最終公演の模様をお送りする。

 2022年、ソロデビュー35周年・安全地帯デビュー40周年のダブルアニバーサリーを積極的なライブ活動で駆け抜けた玉置浩二。明けて2023年、彼の活動は恒例のオーケストラとの共演で幕を開け、8月から11月にかけては最新ソロツアーを開催している。今回のソロツアーで特筆すべきは、バンドの構成だ。昨年までの小編成から一転、キーボード・ギター・チェロ・パーカッション・ベース・ドラムスにコーラスとホーンも加わった骨太な布陣。故郷BANDは彼の歌に寄り添い、ともに加速し過熱していく。玉置自身もボーカリストとして、また、ミュージシャンとしてのリミッターを開放し、新境地を切り開いている。
 WOWOWでは、ツアー最終日の模様を放送・配信する。プログレッシブなバンドサウンドと玉置の歌声が鳴り響く、至極のステージ。新玉の年の初めを、玉置浩二の歌とともに祝福したい。

収録日:2023年11月19日
収録場所:東京 東京国際フォーラム ホールA

玉置浩二 GOLD TOUR 2014
2024年1月放送・配信予定
ソロとしては7年ぶりとなった全国ツアー。13枚目のソロアルバム『GOLD』の内容を含むオール・タイム・ベストといえるライブで、玉置浩二の魅力が全開!!

楽曲:CAFE JAPAN、I'm Dandy、キ・ツ・イ、サヨナラ☆ありがとう、セクシャルバイオレットNo.1、カリント工場の煙突の上に、プレゼント、大切なコト、嘲笑、I LOVE YOU、いつの日も、それ以外に何がある、サーチライト、MR.LONELY、太陽さん、Honeybee、JUNK LAND、愛なんだ、田園、屋根の下のSmile
収録日:2014年5月23日
収録場所:千葉 森のホール21(松戸市文化会館) 大ホール

安全地帯 ALL TIME BEST「35」〜35th Anniversary Tour 2017〜
2024年1月放送・配信予定
2017年にデビュー35周年を迎えた国民的ロックバンド安全地帯。日本と香港で開催された彼らの35周年アニバーサリーツアーの中から、日本武道館公演の模様をお届け。

楽曲:ワインレッドの心、デリカシー、1991年からの警告、Lonely Far、熱視線、好きさ、プラトニック>DANCE、蒼いバラ、月に濡れたふたり、恋の予感、碧い瞳のエリス、Friend、夕暮れ、夢のつづき、遠くへ、銀色のピストル、情熱、真夜中すぎの恋、じれったい、悲しみにさよなら、ひとりぼっちのエール、あなたに、I Love Youからはじめよう、あの頃へ

収録日:2017年11月24日
収録場所:東京 日本武道館

PR TIMES

「玉置浩二」をもっと詳しく

「玉置浩二」のニュース

「玉置浩二」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ