警視庁と大阪府警からアドバイス 防犯対策機能強化のコードレス電話機

11月9日(土)17時0分 J-CASTニュース

詐欺・迷惑電話をブロック

写真を拡大

シャープは、コードレス電話機「JD-AT95CL」など2モデルを2019年11月14日に発売する。いずれも「警視庁犯罪抑止対策本部」および「大阪府警察本部特殊詐欺対策室」のアドバイスにより、詐欺・迷惑電話を撃退する「防犯機能」の強化を図った。

親機コードレス&スタンダードの2タイプ



電話が鳴る前に自動で相手に警告メッセージを流す「自動着信前警告」、電話を切らない相手には自動で名前を確認するメッセージを流し、相手を確認してから電話に出られる「自動聞いてから応答」という二重の防犯対策機能を搭載。



着信中や留守応答中、通話中でもワンタッチで迷惑電話が撃退可能な「迷惑ストップボタン」を新搭載。さらに、電話をかけてきた相手をランプの緑/赤色で知らせる「あんしんフラッシュランプ」などを備える。



大きく見やすい4.6型の漢字液晶画面を搭載。用件録音は最大約30分、50件。通話録音は最大約120分(1件あたり最大10分)、100件。



親機コードレスタイプは、親機のみ「JD-AT95C」、親機および子機1台「JD-AT95CL」、親機および子機2台「JD-AT95CW」を用意。カラーはゴールド系。



親機がコードレスではないスタンダードタイプは、親機および子機1台「JD-AT90CL」、親機および子機2台「JD-AT90CW」を用意。カラーはホワイト系。



いずれも価格はオープン。

J-CASTニュース

「警視庁」をもっと詳しく

「警視庁」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ