パラスポーツ新グラフィックマガジン『GO Journal』創刊記念蜷川実花監修パラアスリート写真展を銀座 蔦屋書店で!2017年11月22日(水)より1週間限定!

11月9日(木)18時1分 PR TIMES

リオパラリンピックメダリスト山本篤、辻沙絵らの撮り下ろし公開

この度、日本財団パラリンピックサポートセンター(以下、パラサポ)は、蜷川実花氏がクリエイティヴ・ディレクターとして監修する、パラスポーツと未来を突き動かすグラフィックマガジン『GO Journal』の1号創刊を記念し、パラアスリート写真展銀座 蔦屋書店にて11月22日(水)より開催します。

『GO Journal』は、パラスポーツの興奮とパラアスリートたちの息づかいとそれを取り巻くカルチャーとの交錯点を伝えるフリーマガジンです。そこから目指すのは、パラスポーツ観戦のボトルネックとなっている「先入観」─障がい者はかわいそう、なじみが薄い、そもそも分からない、スポーツそのものの興奮がない、などといった見方・認識─を揺さぶり、転覆させ、ひいては2020年以降のインクルーシブ社会の発展に向けて、一人一人の行動を喚起するためのトリガーとなることです。

[画像1: https://prtimes.jp/i/23445/11/resize/d23445-11-211839-2.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/23445/11/resize/d23445-11-345266-1.jpg ]

今年6月にパイロット版として発行した0号に掲載された辻沙絵選手(リオ2016パラリンピック陸上女子400メートル銅メダリスト)に加えて、山本篤選手(リオ2016パラリンピック陸上男子走り幅跳び銀メダリスト)の蜷川実花氏による撮り下ろし写真・インタビューや、ボッチャ選手・マンガ、義足写真などが新たに追加された1号が本格創刊され、全国の蔦屋書店(一部店舗除く)などで無料配布されます。創刊を記念し、文化の発信拠点として人気の銀座 蔦屋書店で、GO Journal1号に掲載されているパラアスリートの写真展を開催し、GO Journal1号も無料配布されます。また、本写真展は内閣官房「オリンピック・パラリンピック基本方針推進調査」試行プロジェクトとして実施します。

       =記=
【GO Journal (ゴー ジャーナル)創刊記念パラアスリート写真展】
・主催:日本財団パラリンピックサポートセンター
※内閣官房「オリンピック・パラリンピック基本方針推進調査」試行プロジェクト
・期間:2017年11月22日(水)18:00〜20:3011月23日(木)〜11月27日(月)10:30〜20:30
・会場:銀座 蔦屋書店(東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F)
・入場料:無料 ※会場で『GO Journal』1号も無料配布いたします

【GO Journal1号について】
・クリエイティヴ・ディレクター:蜷川実花
・発行:2017年11月22日|価格:無料|部数:20,000部|
・判型:A3タブロイド判型|ページ数:64p|
・協賛:キヤノン株式会社・大日本印刷株式会社
・配布場所:蔦屋書店(銀座、代官山、中目黒、京都岡、梅田、広島T-SITE、六本松)など 
※詳細は以下URL参照。配布部数に限りがあるため、各店舗で在庫がなくなり次第配布終了となります。
【URL】 http://www.parasapo.tokyo/gojournal/
【一般お問い合わせ】gojournal@parasapo.tokyo

【プロフィール】
GO Journalクリエイティヴ・ディレクター
蜷川実花
にながわ・みか | Mika NINAGAWA
写真家、映画監督
木村伊兵衛写真賞ほか、数々の受賞歴あり。映画『さくらん』(2007)、『ヘルタースケルター』 (2012)監督。映像作品も多く手掛ける。2008年、「蜷川実花展」が全国の美術館を巡回。 2010年、Rizzoli N.Y.より写真集を出版、世界各国で話題に。2016年、台湾の現代美術館MOCA Taipeiにて大規模な個展を開催し、同館の動員記録を大きく更新した。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事就任。
www.ninamika.com/

山本 篤
やまもと・あつし | Atsushi YAMAMOTO


1982 年生まれ。静岡県出身。陸上男子走り幅跳び、短距離選手。陸上競技障害クラスはT42。17 歳のときにバイク事故で大腿部を切断。高校卒業後、義肢装具士を目指したことをきっかけに、パラ陸上の世界へ。2008 年の北京パラリンピックでは、日本の義足陸上競技選手としては初めて、走り幅跳びで銀メダルを獲得。2013 年のIPC 世界陸上競技選手権では金メダルを獲得。2016 年のリオパラリンピックでは走り幅跳びで銀メダル、400 メートルリレーでは銅メダルを獲得した。2017 年10 月よりプロアスリートとして活動を開始し、平昌パラリンピックへスノーボード日本代表選手としての出場を目指している。

辻 沙絵
つじ・さえ | Sae TSUJI
陸上女子短距離
1994年生まれ。北海道出身。陸上女子短距離ランナー。生まれつき右肘から下がない先天性前腕欠損。陸上競技障がいクラスはT47。小学校の頃にハンドボールを始め、高校時代には総体ベスト8、国体出場などの成績を残す。日本体育大学在学中にパラ陸上競技へと転向。2015年、世界選手権で6位入賞。リオ 2016パラリンピックの陸上女子400メートルでで銅メダル獲得。現在は日本体育大学大学院在学。

日本財団パラリンピックサポートセンター https://www.parasapo.tokyo/

PR TIMES

この記事が気に入ったらいいね!しよう

蜷川実花をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ