国の借金が過去最大、国民1人あたり863万円

11月9日(金)18時47分 読売新聞

 財務省は9日、国債や借入金などを合わせた「国の借金」の残高が、9月末時点で1091兆7685億円だったと発表した。6月末時点から2兆7834億円増え、過去最大を更新した。10月1日時点の推計人口で割ると、国民1人あたり約863万円の借金を背負っている計算になる。

 借金の増加は、高齢化で膨らみ続ける医療や介護といった社会保障費などを賄うために発行した普通国債(残高860兆3717億円)が、6月末時点から3兆1272億円増えたことが要因だ。

 国の借金は、国債や借入金、国が短期でお金のやりくりをするために発行する政府短期証券の合計で、財務省が3か月ごとに公表している。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「財務省」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「財務省」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ