「怒る」と人は育たない! 「ほめる」と才能が伸びる!

11月10日(土)6時0分 ダイヤモンドオンライン

鉄工所なのに、「量産ものはやらない」「ルーティン作業はやらない」「職人はつくらない」!

なのに、ここ10年、売上、社員数、取引社数、すべて右肩上がり。

そんな会社をご存じだろうか?

その名は、「HILLTOP株式会社」。京都府宇治市に本社がある。

今、この会社に、全国から入社希望者が殺到しているという。

その謎を解きに、記者は現地に飛んだ。

京都駅から近鉄・大久保駅で下車。タクシーで本社まで約5分。車を降り、本社を見上げた瞬間、度肝を抜かれた。

「ぴ、ピンク?こんな社屋、見たことない!」

とても鉄工所に思えない。

以前は、油まみれの“見るも無残な”鉄工所だったが、今や、宇宙・ロボット、医療・バイオの部品まで手がける「24時間無人加工の夢工場」へ変身。取引先はディズニー、NASAから一部上場のスーパーゼネコンまで今年度末に3000社超。社員食堂・浴室・筋トレルームがあり、「利益率20%を超えるIT鉄工所」とテレビで紹介され、年間2000人超が本社見学に訪れるという。

そして、最も注目されているのは、山本昌作代表取締役副社長の生産性追求と監視・管理型の指導を徹底排除した「人材育成」。「ものづくりの前に人づくり」「利益より人の成長を追いかける」「社員のモチベーションが自動的に上がる5%理論」を実践。入社半年の社員でも、ディズニーやNASAのプログラムが組めるしくみや、新しいこと・面白いことにチャレンジできる風土で、やる気あふれる社員が続出。

しかも、この経営者、鉄工所の火事で瀕死の大やけどを負い、1ヵ月間意識を喪失。3度の臨死体験。売上の8割の大量生産を捨て、味噌も買えない極貧生活をしたというから、まさに、個人も会社もどん底からのV字回復だ。

この20年、数々のカリスマ経営者を取材し続けてきた記者も、こんな面白い会社は見たことがない。

今回、初の著書『ディズニー、NASAが認めた 遊ぶ鉄工所』が第5刷となった山本昌作氏を直撃。人が採れない時代に、なぜ、京都の鉄工所が世界最先端のVIP企業から重宝され、日本中、いや世界中から入社希望者と見学者が殺到しているのか?

社員がイキイキ働きながら、がっちり儲かっている秘密を、HILLTOPの山本昌作副社長に語っていただこう。

(構成:寺田庸二)


社員はわが子!

「ほめてあげたい」経営者の親心


 私にとって社員は「自分の子ども」のような存在です。

 ですから、自分の子どもの「よいところ(長所や持ち味)を見つけてあげたい」と思うのが親心です。


 私の長男である山本勇輝は、当社のアメリカ法人「HILLTOP Technology Laboratory, Inc.(ヒルトップ・テクノロジー・ラボラトリー)」のCEOをしています。


 彼は子どもの頃に野球をしていたのですが、お世辞にも上手とは言えませんでした。

 バットの持ち方がヘンで、右手と左手の間に大きな隙間が開いていました。


 試合を観戦していた私が、

「それでは、当たらへんぞ」

 と思っていたとおり、やっぱり当たりません。

 三振ばかりです。


 もちろん守備も、ヘタクソでした。

 彼のところにボールが飛んでいくと、私と妻はいつも目をつぶっていました。

 けれど親としては、「ほめてあげたい」と思うものです。

 だから試合後、私は彼に、こう言いました。


「あの三振は素晴らしい三振やで。いやぁ、ええ、スイングやったわ。よう頑張ったよな。おまえは飛ばす能力があるんだから、これからも、どんどん振っていけばええやん」


 私には、彼のプレーに対して、叱るつもりも、目くじらを立てるつもりもありませんでした。

 彼は一所懸命やった。

 けれど、できなかった。

 できなかったことに対して、「なんでできひんの?」と責めるのではなく、一所懸命プレーした彼の姿勢をほめてあげる。そのほうが、絶対にやる気を出します。


 社員を叱責する経営者は、「社員=自分の子ども」という意識が希薄なのだと思います。

 私は、「社員も子どもも、ほめることによって、才能を引き出せる」と考えています。

 怒ってばかりでは、絶対に人は育ちません。


 私の長女で、営業部の購買課長を務める山本瀬里奈は、「上司のひと言」によって「モチベーションを高めることができた」として、次のように話しています。


「購買課長になる前、私はプログラマーとして製品をつくっていましたが、『自分が納得できる仕事をしたい』という想いが強くて、ひたすら自己満足でものをつくっていたことがありました。

 ところが、あるとき、当時の製造部長に、『おまえ、すごいな』とほめてもらったことがあるんです。

 私が『え、何がですか?』と聞くと、『オレよりも繊細なプログラムを組むヤツを初めて見た』と言ってくれた。

 部長は、社内でも几帳面で丁寧なプログラムを組むことで知られていたのですが、その部長から『オレよりもすごい』とほめてもらえたのは、とてもうれしかったですね。

 自分の仕事に自信が持てるようになった気がします」(山本瀬里奈)





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「ルーティン」をもっと詳しく

「ルーティン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ