サイバーダイン山海が落合陽一に直伝 大学発ベンチャーで社会を動かす「秘訣」

11月10日(金)20時0分 Forbes JAPAN

あの”現代の魔法使い”が、大型の資金調達を実施──大学の研究成果をベースとした「大学発ベンチャー」の活躍が待望される中、筑波大学助教・学長補佐の落合陽一がCEOを務めるピクシーダストテクノロジーズが、総額6.45億円の資金調達を行ったことを発表した。

同資金調達は、インキュベイトファンド(東京都港区、代表パートナー:村田祐介)、凸版印刷(東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾)、ハーティス(東京都品川区、代表:孫泰蔵)、ワタナベエンターテインメント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:渡辺ミキ)を引受先とした第三者割当増資と、NEDOが実施する平成29年度「研究開発型ベンチャー支援事業/シード期の研究開発型ベンチャー(STS)に対する事業化支援」に採択された結果、実現。

超音波振動子を制御し空中にスポット音響をつくる「Holographic Whisper」をはじめ、ライトフィールド/ホログラムなどの光技術、VR/ARゴーグルのための光学技術、デジタルファブリケーション技術、三次元認識のためのディープラーニング手法など、落合陽一がこれまで手がけてきた三次元の空間オーディオビジュアル技術研究が、社会実装に向けて、大きく前進した形になる。

そんな落合がこのタイミングで話をしたいと、対談を熱望したのが、筑波大学大学院教授にして、「ロボットスーツHAL」を医療・介護福祉・生活分野等の多領域に展開する筑波大学発ベンチャー・CYBERDYNE株式会社CEOの山海嘉之。2人には、「新しい産学連携」をテーマに語り合ってもらった。

落合「筑波大学には、山海先生というブルドーザーが通った跡がある」

落合陽一(以下、落合):僕がCEOをやっているピクシーダストテクノロジーズが、6.45億円の資金調達を実施しました。資金を得て、自分がラボで研究してきたことを、本格的に社会へ実装していけるフェーズに入れた今、対談するなら誰がいいだろうか。

そう考えた時に真っ先に浮かんだのが、山海先生でした。実は、僕は筑波大学での学部時代に先生の授業を受けていたので、対談をお受けいただいて大変光栄です。

山海嘉之(以下、山海):それは、嬉しいですね。普段から活躍する姿は見ているものの、改めてじっくり話す機会もないので、今日の対談をとても楽しみにしていました。

落合:山海先生を対談相手に選んだ理由は、2つあります。

まず、先輩教員として、「大学をハックし続けた人」だからです。筑波大学で学長補佐や自分の部局の助教として、色々と大学内の業務や運営をやっていて気づくのは、筑波大学の内規に、「明らかにこの条項は、山海ルールだな」というものがある(笑)。

山海先生という「ブルドーザー」が通って、大学内の壁を壊した痕跡ですね。そのおかげで、僕もチャレンジがしやすくなっています。

山海:上場企業の社長をやりながら、大学教授をしているのなんて、珍しいでしょうね(笑)。上場の時も、それなりに手間はかかりました。でも、結果的には東証にも上場できた。

なぜかといえば、自分がやろうとしている手続きはどういうもので、何をやるかを、丁寧に一つ一つ大学や関係機関に説明したからなんです。そうしたプロセスで、交渉した結果できたのが、落合さんの言う「山海ルール」でしょうかね。

落合:山海先生のやってきたことを見ると、「大学だって、十分ハックできる」と思えるんですよね。僕も「で、意思決定者は誰ですか?」と、すぐに聞いてしまう。もし「文科省です」という答えなら、官僚の方に電話を一本入れる(笑)、それで説明しにいく。すると、案外前に進むんですよね。

山海:実は社会には調整能力があって、プロセスを整理したり、ステイクホルダーを見極めて説明をすれば、本質を理解してくれる意思決定者もいるので案外動くものです。

落合:もう1つの理由は、山海先生がアカデミックに身を置きながら、会社を経営することで、「エコシステム」をうまく生み出している、日本の数少ない存在だからです。

山海:エコシステムを構想した上で、実際に稼働するようにすることは、産学連携を進めるには、本当に大事です。特に、人材育成の面では必須ですね。

大学は人材育成の組織であるにもかかわらず、「時代にあった人材育成」を行おうとしても、文科省から期限付きの公募案件が公表されてから計画を練り始め、半年議論して、次は文科省に申請して、なんてことはよくあります。社会では1週間あればベンチャーだってできる。社会の動きが早くなっていて、時代にあった人材育成は、大学だけでは難しいですね。

落合:僕もその問題を解決すべく、ラボと自分の会社を共同研究で繋いで、研究と人材育成のエコシステムをつくろうと動き出しています。自分で実際に社会実装に向けて研究しようと思ったら、大学で申請する公的予算だけでは足りないし、学生をOJTで育てようと思ったら、もっとフットワークの軽い組織でないといけない。

だから、徐々に学生を自分の会社に出入りさせながら、教えています。研究しながら給与を払える学生を増やしていかないとちゃんとした社会実装に向けての研究は難しい。これはまさに、山海先生が、筑波大学の学生をCYBERDYNEで受け入れていたのと、同じスタイルです。


落合陽一 ピクシーダストテクノロジーズCEO

山海:実際、企業が学生を育てる大学外の「私塾」としても機能しています。CYBERDYNEに来れば、生活を維持するためのバイトもできる。しかも、彼らが研究者として伸びていくための研究開発に関わるバイトですからね。エコシステムというからには、そういう選択肢を用意しておいてあげないと。

落合:今の時代、日本では学生にとっても、研究者にとっても、「研究して生きていく」という意味なら、大学よりも、そう言った研究開発ベンチャーは、明らかにユートピアなんですよね。ラボの教授が起業家なら、それが実現できる。

実は、最近東大の助教の星先生を自社に引き入れたんですが、論文プロジェクトにも会社のプロジェクトにも参加していて本来の「研究」スタイルになっているような気がします。

山海:当然、そうなると思いますよ。産学連携の議論になると、若い人についての議論になりがちですが、人材としてある程度”熟している人”も、働きながら博士課程に籍を置くことをもっと推進してもいいと思います。そこには、自分の専門軸をしっかりと体系化するといった醍醐味や、国際的なメリットがあるんです。

実は、CYBERDYNEには、「博士号取得者、または5年以内に取得予定の者」という役員規定があるんです。ギャグではないかと言われそうですが。上場の時に、どうしても定款から外せと言われたので、結局、役員規定に入れました(笑)。

落合:そもそも僕がキャリアとして、大学教員になり、ラボをはじめた理由は、「時代を象徴するような研究所」がつくりたかったからなんです。博士の頃にマイクロソフトリサーチで働いていたんですが、本当にすごいところでした。

実際に製品を生み出しているから、そこには大量の研究者がいて、彼らは民間企業にいながら、どんどん研究ができている。一方で、学生が大学に戻るシーズンになると極端に人がいなくなる。つまりは、大学が民間の研究所に若い学生を送り出して、企業は働きながら、研究できる贅沢な環境を提供しているということなんです。

山海:まさに理想的なエコシステムですね。それに、企業だからこそできる人材育成のスタイルや人の集め方というものがあります。僕はかつて、300ほどの機関投資家に会うために世界を巡りましたが、その際に「出資をしてください」とは一言もいいませんでした。

自分の事業と開拓しようとしている分野をプレゼンした後に、「皆さんが支援したい時は出資するだけですが、私は研究開発支援と人材育成をすることもできます。もし、支援したいと思う会社があれば、紹介してください」と伝えていました。すると、シリコンバレーやスイスのベンチャー企業も、わざわざつくばにまで来て、ピッチしていくんです。

落合:確かに僕のラボも最近はようやく海外から人が来るようになりましたね。

山海:いい感じですね。そう言えば、自社技術を説明にきた方々も、数週間すると、「転職していいでしょうか」とアピールがあったりするから、面白いですよ(笑)。

山海「地球規模で、異次元立体詰将棋をしているんです」

落合:山海先生から見て、大学教員でありながら、テクノロジー・スタートアップをやる一番の魅力はどこにありますか。

山海:「社会全体が見えてくることにある」と思っています。この立場で、産学連携を進めると、ある時は公認会計士と膝を突き合わせ対話をし、ある時は大企業の事業部との契約に注力するといった様々な経験をせざるを得ないので、研究以外の分野の知識がどんどん蓄積されていきます。

落合:確かに、会社を始めると、必要に迫られて、BS(貸借対照表)やPL、契約書が途端に読めるようになりました(笑)。昔はわからなかったですが、会社にいるとレビューしろって連絡が来ますからね。大体はCOOの村上に読んでもらってますけど。

山海: それを何度か繰り返すと、大学人だけの世界とは違う、小学校の先生が言っていたような「社会はみんなで動かしているんですよ」という世界が、そのまま見えるようになります。大学だけにいると、どんどんタコツボ的人間になってしまう。それに、狭い分野でやろうとすると、社会の複合的な課題を解くことができない。


山海嘉之 CYBERDYNE株式会社CEO

落合:CYBERDYNEのロボットスーツHALをサービス付き高齢者向け住宅に導入する事業なんて、複合的な課題の解決そのものですよ。これは、「高齢化問題」を、テクニカルな成長課題に差し替えているところが見事なんです。

ちょうど、そのような高齢化などにまつわる「身体ダイバーシティ」について解決するAI領域のJST CRESTにも、研究代表で採択されています。これは筑波大と弊社、大阪大学と富士通とSonyCSLの連携プロジェクトなんですが、いい感じにシナジーや共同研究などの将来へのアクションプランができています。

山海:落合さんは、今エコシステムを自ら構築し、動かし始めているところだと思います。面白いのは、これから。今回のシリーズAの調達を経て、サイクルを数回回せば、だいたい”見えてくる”はずです。僕には「地球が手のひらの中にある」ように思えています(笑)。

落合:あ、それは感覚としてわかってきた気がします。 

山海:流石!僕はよく「異次元立体詰将棋」と言っているのですが、地球全体が見えるので、パチン、パチンと次の手をあらゆる場所に打っていくような感覚で、未来開拓に挑戦できるんです。

落合:全体が見えていれば、後はそこにたどり着くまでのプロセスはただの「手段」。研究開発なら、資金さえあればできるっていうことですよね。

山海:おっしゃる通りです。多くの人は未来像という言葉から、「ぼんやりとしたモノ」を想像しますが、僕は、未来像とは緻密な「設計図」だと思っています。中途半端な想定だと、未来像はただ描いただけで終わってしまい、結局現場しか見えません。

緻密な未来の設計図から現在にバックキャストしていく手法で、未来を創っていく。まずは自分が生み出したものを、エコシステム内の循環の中に、パっと切り出して乗せてみてください。それがうまく機能すれば、未来社会を創り出していくことが、かなりリアリティを帯びてくると思います。

ある日、落合さんが「地球が手のひらの中にある」と思えるようになって、そんな調子でどんどん社会を変えていくチェンジメーカーになっていくことを、期待しています。

山海嘉之◎筑波大学大学院システム情報工学研究科教授、サイバニクス研究センター研究統括、CYBERDYNE株式会社CEO、内閣府ImPACT プログラムマネージャー等を務める。

落合陽一◎筑波大学図書館情報メディア系助教(デジタルネイチャー研究室主宰)。筑波大学学長補佐。ピクシーダストテクノロジーズ株式会社CEO。大阪芸術大学客員教授、デジタルハリウッド大学客員教授等を務める。

Forbes JAPAN

この記事が気に入ったらいいね!しよう

落合陽一をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ