帰宅後のダラダラほど無駄な時間はない!?社会人の50%は”睡眠を取る”と回答!デキる大人の帰宅後の過ごし方とは!?

11月10日(日)17時5分 PR TIMES

ベースメントアップス株式会社が「社会人の帰宅後についての調査」を実施しました。

【調査概要:仕事に関する意識調査】
■調査日   :2019年10月29日 〜2019年11月2日
■調査方法 :インターネット調査
■調査人数 :136票
■調査対象 :社会人 

ベースメントアップス株式会社が運営する、より良い条件で退職するためのノウハウや情報がまとめられたサイト『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、「帰宅後の時間の使い方」について調査しました。

社会人は1日の大半を仕事に費やしているので、自由に使える時間は限られています。そんな社会人が唯一、自由に使える時間が”帰宅後”です。

帰宅後にダラダラと過ごしてしまうという社会人の声をよく聞きませんか?しかし、できる社会人と言われている人ほど、“帰宅後”に自分のスキルを磨いたり、趣味に時間を掛けたり、休息の為に早く就寝したりして有効に時間を使っています。

それでは、社会人は帰宅後にどのように過ごしているのかを確認しましょう。

そこで、『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、社会人を対象に「会社から帰宅後の時間はどのように過ごしていますか?」とアンケート調査を行いました。まずは、アンケート結果をご覧ください。

[画像1: https://prtimes.jp/i/45126/61/resize/d45126-61-437420-0.png ]

【退職の前に読むサイトから引用:https://taisyokuagent.com】

社会人を対象に、「会社から帰宅後の時間はどのように過ごしていますか?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。

家族や友人と過ごす:16%
趣味の時間にする:31%
副業をする:3%
睡眠を取る:50%


睡眠を取る:50%


睡眠を取ると回答した人が、最も多く50%でした。次の日の仕事に備えて、睡眠をとって休むのは有効な時間の使い方と言えます。6時間睡眠を2週間続けると、2日間徹夜状態になるという研究結果があります。働く社会人にとって睡眠不足は最大の敵といっていいほど、体に悪影響を及ぼすので気をつけた方が良いです。


趣味の時間にする:31%


趣味の時間にすると回答した人は全体の31%でした。調査の結果、趣味に時間を使いリラックスしている人が一定数いることが分かりました。例えば、趣味の中でも、体を鍛えるためジムで運動をしたり、教養を深めるため読書したりすることは、仕事や普段の生活で活かせるので、有意義な時間の過ごし方と言えます。


家族や友人と過ごす:16%


家族や友人と過ごすと回答した人は、全体の16%でした。家族や友人と過ごすことが、生活の中で最も重要と考えている人は少なくありません。その理由は、家族や友人は身近な存在だからこそ、仕事の悩みやプライベートなことを話すことができたり、子どもがいる場合には育児を通して子どもの成長をみることができるからです。


副業をする:3%


副業をすると回答した人は、全体の3%でした。日中は会社で仕事をして、夜は副業をする人が増えてきています。国が副業解禁したこと、副業を認める企業が増えたこと、副業としての仕事が見つけやすくなったことなどが影響しているとみられます。

下記記事では、「帰宅後の有効な使い方」について詳しく説明しているので参考にしてみてください。
https://taisyokuagent.com/articles/542


関連サイト


[画像2: https://prtimes.jp/i/45126/61/resize/d45126-61-433231-1.jpg ]


■ベースメントアップス株式会社:https://basementapps.tokyo
■お問い合わせ:https://basementapps.tokyo/contact
https://taisyokuagent.com
https://kagoshimahighball.jp

PR TIMES

「睡眠」をもっと詳しく

「睡眠」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ