Mogura、法人商用利用可の「バーチャルキャスト」ライセンス販売開始

11月11日(月)9時0分 ドリームニュース

2019年11月11日、株式会社Mogura(東京都千代田区、代表取締役社長・久保田 瞬、以下、Mogura)は、株式会社バーチャルキャスト(北海道札幌市、代表取締役社長・松井 健太郎、以下バーチャルキャスト社)の代理店として、バーチャルキャスト社が開発運営する「バーチャルキャスト ビジネスエディション」のライセンスの販売を開始しました。

バーチャルキャストについて
「バーチャルキャスト」は、ユーザーがバーチャルキャラクターになって、VR空間のスタジオでリアルタイムにコミュニケーションできるVRライブ・コミュニケーションサービスです。

https://www.youtube.com/watch?v=quqJPf6Ypt8

ニコニコ生放送を始め、YouTube、SHOWROOM、REALITYなどの配信サービスを介してスタジオを公開したり、複数人のユーザーが遠隔地から同時に同じスタジオに集まってコミュニケーションを楽しむことができます。

バーチャルキャスト ビジネスエディションについて

法人ユーザーによる商用利用可能なライセンスです。Moguraが販売する「バーチャルキャスト ビジネスエディション 」は、番組配信を行うのに便利な「バーチャルカメラマン」(※1) や「透明人間AD」(※2) などの機能が使えるライセンスです。

(※1)「バーチャルカメラマン」とは、両手コントローラーのボタンがカメラの操作用に最適化され、より高度な撮影を行うことができる機能です。

(※2)「透明人間AD」は、透明人間としてスタジオに入り、TVのADのような役割で、出演者のサポートを行えるという機能です。

さらに、ローカルファイルとURL指定からキャラクター、背景モデル、VCIアイテムをロードできる拡張性も備えています。

「バーチャルキャスト ビジネスエディション」の価格は月額98,000円(税別)です。また、2019年11月11日現在、初期費用198,000円(税別)が無料になるキャンペーンを実施しています。

Mogura社が運営する法人向けVR/AR/MR専門のECストア「Mogura VR Store」で、ライセンスを購入できます。

・Mogura VR Store「バーチャルキャスト ビジネスエディション」商品ページ
https://moguravrstore.com/product.php?id=65

VICON、OptiTrack、MVNなどのプロ向けモーションキャプチャ機材を利用するには「バーチャルキャスト エンタープライズエディション」ライセンスが必要です。詳細などについては公式ページからご確認ください。

・バーチャルキャスト法人向けエディション公式ページ
https://corp.virtualcast.jp/enterprise/

「バーチャルキャスト」には、小さな企業の小規模なPRから、大企業のプロモーション案件、人気VTuberを使った大型特番制作まで、数多くの制作実績があります。公式ページでは、株式会社ProjectWhite(TSUKUMO)様、株式会社NTTドコモ様、松竹芸能株式会社様の導入事例インタビュー記事を掲載しています。

また、Mogura VR Store では「バーチャルキャスト」対応のVRヘッドセット、PCの販売を行っております。「バーチャルキャスト」をスタートするための機材一式を揃えることや追加で必要な機材などについて事前に相談することも可能です。

・お問い合わせ先
Mogura VR Store 担当
Mail:ec-domestic@moguravr.com




配信元企業:株式会社Mogura
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

ドリームニュース

「ライセンス」をもっと詳しく

「ライセンス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ