伊藤忠商事、ほけんの窓口グループを連結子会社化

11月11日(月)10時0分 MONEYzine

 伊藤忠商事は、来店型保険ショップ事業を展開するほけんの窓口グループを連結子会社化。今後はインシュアテックとの協業にも取り組む。


 ほけんの窓口は、店舗に来店する個人顧客向けに生命保険や損害保険を販売する来店型保険ショップ事業を展開。全国約740の店舗網と、独自の社員教育システムに支えられたコンサルティングサービスを強みとする業界最大手だ。


 伊藤忠商事は、ほけんの窓口グループの発行済株式を追加取得し持分比率を57.7%とした。伊藤忠商事は、2014年6月にほけんの窓口と資本・業務提携を開始して以降、既存株主から段階的に株式を取得。今回の取得によって、ほけんの窓口は伊藤忠商事の連結子会社となる。


 ほけんの窓口は2019年6月末時点で、提携先の保険会社42社が提供する257商品を取り扱い、業界トップとなる224万件の契約数(直営店415店舗のみ)を持ち、契約継続率(契約から3年後の継続率)も約93%と高い水準を維持している。今後は、伊藤忠商事のネットワークを活かし、ほけんの窓口によるデジタル技術の活用やインシュアテックを中心としたスタートアップとの協業を支援する。


MONEYzine編集部[著]


【関連記事】

「来店型保険ショップ」の満足度1位は「ほけんの窓口」

ドコモ、おすすめの保険を提案する「AIほけん」、加入後も定期的に見直し提案

生命保険の申し込み、ネットや保険ショップ経由など多様化

MONEYzine

「ほけんの窓口」をもっと詳しく

「ほけんの窓口」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ