TASCAM × Audio-Technica レコーダーとミキサーの連携による会議録音システムを共同開発。

11月11日(月)19時5分 PR TIMES

ティアック株式会社(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:英 裕治)は、自社ブランドTASCAMと株式会社オーディオテクニカ(本社:東京都町田市、代表取締役社長:松下 和雄)とレコーダーとミキサーの連携による会議録音システムを共同開発いたしました。

TASCAMの録音技術と、Audio-Technicaが持つオートミキサーのノウハウが融合することで議事録作成フローを大幅に改善いたします。本システムはTASCAM ソリッドステートレコーダー『SS-R250N』とAudio-Technicaデジタルスマートミキサー『ATDM-1012』が連携することで、録音データにマイクチャンネルを特定するIDおよび時間情報の記録を可能にします。これにより、すべての会話を聴くことなく、目的となる発言の検索が容易になります。
尚、2019年11月13日より幕張メッセで開催されます『Inter BEE 2019』において展示を予定しております。
[画像1: https://prtimes.jp/i/21574/173/resize/d21574-173-627053-3.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/21574/173/resize/d21574-173-522127-0.jpg ]

SS-R250N

[画像3: https://prtimes.jp/i/21574/173/resize/d21574-173-709152-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/21574/173/resize/d21574-173-168699-1.jpg ]

ATDM-1012

【SS-R250N】

[表: https://prtimes.jp/data/corp/21574/table/173_1.jpg ]

【主な機能】


『SS-R250N』で会議録音用途に特化したマークポイントの登録が可能
1つの録音ファイルに最大999個までのマークポイント登録
マークポイントにマイクチャンネルを特定するID情報を付加することで発言者の特定が可能
マークポイントと連動したログファイル(CSV形式)を自動で作成
『ATDM-1012』のWebリモート画面から、『SS-R250N』の録音操作や録音・再生中のマークポイントの登録・移動が可能
『ATDM-1012』のWebリモート画面から、『SS-R250N』のシングル再生や、『ATDM-1012』のプリセット1〜3から『SS-R250N』のユーザー設定データ1〜3を呼び出し可能

※対応ファームウェアは2020年春頃公開予定

【製品サイト】
『SS-R250N』: https://tascam.jp/jp/product/ss-r250n/top
『ATDM-1012』 : https://www.audio-technica.co.jp/release/release_detail.php?releaseId=306&year=2019

【株式会社オーディオテクニカについて】
株式会社オーディオテクニカHP : https://www.audio-technica.co.jp/

オーディオテクニカ社製品に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。
株式会社オーディオテクニカ
プロオーディオ営業部 プロフェッショナルSS課
TEL : 03-6801-2010


[画像5: https://prtimes.jp/i/21574/173/resize/d21574-173-627053-3.jpg ]

TASCAMは、確かな音質と高い耐久性で長年に渡り支持され世界中の放送・録音現場に導入されています。その実績と経験を活かしプロフェッショナルのための音響に関わるトータルソリューションを提供するブランドです。

PR TIMES

「ミキサー」をもっと詳しく

「ミキサー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ