株式会社ChainBowは、江戸日本橋プレミアムクラブと、実際にセルクルアプリを使った代金決済、ポイント還元などのサービスを体感出来る企画を実施します。

11月11日(月)10時5分 PR TIMES

販促プラットフォーム・セルクルアプリを使って、効果的にインバウンド需要を取り込む機能をご紹介します。

日本を訪れる外国人観光客の増加には目覚ましいものがありますが、その中でも際立っているのが中国からの観光客の数です。日本政府観光局の訪日外客数の統計によると、2017年には735万人、2018年には838万人を超える中国からの来日があり、毎年13%を超える伸び率を記録しています。

こうしたインバウンド需要を取り込もうとする動きは、飲食店や小売店でも活発で、最近では中国語に対応した広告も随分目にする様になりました。

こうした中国人来日客の増加を踏まえ、株式会社ChainBowでは、日本への観光を希望する中国人観光客に対応する取り組みを行っています。旅行VIPクラブという会員制のクラブを企画し、日本での観光が円滑に進む様に、持ち前の販促プラットフォーム・セルクルアプリを利用したサービスを始めます。

キャッシュレス先進国の中国では、現金を使った支払いの場面が極端に少なくなり、日常生活での代金決済は、スマホを使ったキャッシュレス払いが当たり前になっています。素早く、確実に支払いが出来て、確かな記録も残る利便性が受けて、社会全体がキャッシュレス化に傾いた模様です。

こうしたキャッシュレス体質になっている中国からの観光客にとって、現金払いが主流の日本では戸惑うことも少なくない様子です。手数料を払って両替し、なれない通貨を使って支払いをする手間に抵抗を感じるのも無理もありません。

日本の飲食店や小売店で、中国で普及しているスマホ決済がそのまま使えるとしたら、ほっとする観光客も多いはずです。スマホにダウンロードして利用するセルクルアプリを使えば、中国で普段行っているキャッシュレス払いが日本でも簡単に出来ます。

中国人観光客に人気の、しゃぶしゃぶや、お寿司、海鮮料理などの飲食店をはじめ、ドラッグストアや、家電量販店などでも、セルクルは大活躍します。

某居酒屋グループでも、セルクルアプリを使って中国人観光客の方々の利便性を向上させる検討が始まっています。

店舗側ではセルクルアプリをダウンロードし、店頭にQRコードを掲示するだけで、キャッシュレス払いのシステムが出来てしまいます。高額なシステム料や、専用端末なども不要です。アプリの設定で、中国語にも勿論対応していますので、中国人ユーザーは本国で利用しているスマホ上で、違和感なくセルクルを操作・利用することが出来ます。

セルクルアプリを利用するユーザーは、中国で日本旅行の計画を立てる段階から店舗側のお得な情報や、割引クーポンを検索することが出来ます。例えば、江戸日本橋プレミアムクラブならではの、プレミアムな特典もセルクルで事前にチェック出来ます。

情報検索・事前予約・現地支払い・クーポン利用・ポイント獲得、こうした機能を全て兼ね備えているキャッシュレス対応アプリ・セルクルは、中国人観光客の強い味方になるでしょう。

現在、セルクルで対応している支払い方法は以下になります:
[画像: https://prtimes.jp/i/47248/12/resize/d47248-12-200483-0.png ]


セルクルアプリは、店舗版と消費者版が無償でダウンロードできます。店舗版も消費者版も、iOSとAndroidを対応しております。

ホームページ:https://www.cercle.app/

1.ホームページの上部に店舗版で、iOS版とAndroid版のQRコードをスキャン、またはそのままクリックし、ダウンロードページに遷移します。

2.もしくは、Apple Store、Google Play Storeに「セルクル店舗用」、または「セルクル」で検索してください。(「セルクル店舗用」:店舗版 「セルクル」:消費者版)

ご興味のある方は、お気軽にホームページの「お問合せ」フォームや、support@chainbow.io 宛てにメールして頂くか、お電話で 050-5539-9982 までご連絡ください。

PR TIMES

「株式会社」をもっと詳しく

「株式会社」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ