【FC今治】Jリーグ入会条件達成について

11月11日(月)9時25分 PR TIMES

〜岡田 武史が会長を務めるFC今治が悲願のJリーグ昇格へ〜

11月10日(日)に行われたJFL第27節 の結果により、2019シーズンにおいてFC今治の4位以内が確定しました。これによりJリーグ入会条件を全て満たし、2020シーズンのJリーグ昇格がほぼ確定となりました。
11月中旬から12月上旬に行われるJリーグ理事会の審査により、Jリーグ入会が正式決定されます。

Jリーグ入会条件
1:百年構想クラブと認定されていること
2:Jクラブライセンスが交付されていること
3:5,000人以上収容可能なスタジアムを要していること
4:ホーム試合平均観客動員数が2,000人以上であること
5:競技成績で4位内かつ百年構想クラブのうち上位2クラブであること


[画像1: https://prtimes.jp/i/28025/10/resize/d28025-10-956903-2.jpg ]


昨シーズンは、競技成績の条件を満たすことができず、J3昇格は叶いませんでしたが、
今シーズンは「夢スタで歓喜を 行くぞJ」のスローガンのもと、
チーム一丸となり、悲願であったJリーグ入会条件を満たすことができました。

残り3試合となりますが、引き続きチーム一丸となって1つでも上の順位で終えられるように、取り組んで参ります。

[画像2: https://prtimes.jp/i/28025/10/resize/d28025-10-709241-3.jpg ]


岡田 武史会長 コメント
「入会条件を満たしたことについては、ホッとしています。ただ、もっと上を目指しているので、こんな所で喜んでいる場合じゃないと思います。来年はJ3で優勝してもJ2には上がれません。なぜなら、J2に上がるためには1万人以上収容できるスタジアムの建設が必要です。それ以外にもOKADAメソッドによるビジネス構築など盛り沢山です。今日から次の壮大な夢について語り、動き始めたいと思います。」

[画像3: https://prtimes.jp/i/28025/10/resize/d28025-10-404021-4.jpg ]


小野 剛監督
「今日まで、常に目の前の試合に全力で準備をしてくれた選手に感謝しています。そして入会条件が達成できたことについてはホッとしています。この結果は、私だけが成し遂げたのではなく、これまでの積み重ねたレンガに私が最後積みあげただけだと思っています。

今シーズン開幕から順風満帆なシーズンは無いと選手に話していましたし、苦しくなっても乗り越える力が必要だと。そして常に昨日よりも今日は良いトレーニングにしようと取り組んできましたし、残りの試合も同じように前を向いて臨みたいと思います。」

[画像4: https://prtimes.jp/i/28025/10/resize/d28025-10-315206-5.jpg ]



駒野 友一選手
「昇格というミッションのためにFC今治に加入したので、達成することができてよかったです。初めてのJFLという環境の中、アウェイでは100~200人のファンしかいない中、FC今治は常に3000人近くのファン/サポーターが声援を届けてくれたのは大きな力になりました。

多くのファン/サポーターに恵まれた環境でサッカーできる喜びと、残りの試合もアグレッシブな姿勢で臨みたいと思います。」

PR TIMES

「Jリーグ」をもっと詳しく

「Jリーグ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ