SBI、福島銀と資本業務提携…11億円を出資

11月11日(月)12時58分 読売新聞

 インターネット証券大手のSBI証券を傘下に持つSBIホールディングスと、福島県の第二地方銀行の福島銀行は11日、資本・業務提携すると発表した。SBIが福島銀に11億円を出資して株式の17・91%を取得。グループとしての出資比率は議決権ベースで計19・25%に上り、筆頭株主となる。

 SBIの手がける保険や住宅ローンなどの金融商品を福島銀が顧客に提供するほか、SBIが強みを持つ、金融と情報技術(IT)を組み合わせたフィンテックを活用し、コスト削減や新サービス開発を進める。

 福島銀は2018年3月期連結決算で7期ぶりに赤字に転落し、金融庁から収益力の強化を求める業務改善命令を受けている。SBIとの提携で収益力の向上を図る。

 SBIは全国の地銀と提携して新しい金融グループを作る構想を掲げており、9月には第1弾として島根銀行との資本・業務提携を発表している。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「SBIホールディングス」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「SBIホールディングス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ