VCが投資先スタートアップのダイレクトリクルーティングを直接行う『VCテラス』のサービス提供開始

11月12日(月)13時40分 PR TIMES

〜β版実績:インキュベイトファンド、Beyond Next VenturesなどのVC利用〜

株式会社アマテラス(本社:東京都目黒区、代表:藤岡清高)は、2018年11月5日より、ベンチャーキャピタル(以下VC)が、“直接”投資先企業の人材をスカウトできる、新サービス『VCテラス』の提供を開始しました。

スタートアップの成長には「優秀な人材の採用」が肝要ですが、スタートアップ経営者は事業運営に忙しく、人材採用に割くリソースが不足している状況にあります。そのような状況から、スタートアップをインキュベートするVCより「資金投資、投資後の経営コンサルティングだけではなく、人材採用サポートを行いたい」といった声を多く頂いていました。そこで、今般VC向けにAmateras (ダイレクトスカウティングサービス)のプラットフォームを開放し、VCが投資先企業人材をダイレクトスカウトできるサービスをリリースしました。https://amater.as/corporate/

[画像: https://prtimes.jp/i/13537/5/resize/d13537-5-760602-0.png ]

【サービス概要】
日本初、VCがスタートアップを志す幹部候補人材をダイレクトスカウト!


スタートアップ幹部候補人材(ハイクラス人材)のデータベースを検索・閲覧、スカウトが可能になります。
人材エージェントを挟まないダイレクトリクルーティングなので、スピーディかつ、低価格です。
適切な人材要件を把握しているVCがスカウトすることで、企業側のリソースを割かなくても、適切な人材のスカウトが可能です。

注1:ダイレクトスカウトをするには、職業紹介事業免許の取得が必要となります。
注2:職業紹介事業免許を有さなくても、サービスを申し込むことにより、人材データベースの情報閲覧は可能です。
<利用料>
VC:登録、利用料すべて無料。
投資先企業:1人採用につき成功報酬 100万円(税別)
※アマテラスへの企業登録が必須となります。

背景


国内のスタートアップ企業への投資は年々拡大傾向にあり、2017年度の国内向け投資額は1200億円を超えて、過去5年間で2.5倍に増えています。とりわけシード、アーリーステージへの投資額増大が顕著です。
スタートアップ経営者が抱える悩みの最上位は“優秀な人材の採用”です。事業を軌道に乗せるためには、優秀な人材の確保が必要不可欠ですが、限られた人員での事業運営に日々多忙を極めている、人材採用経験がまだ乏しい等、リソース不足に悩まされている状況にあります。
そのような状況を理解しているVCには、投資後の経営アドバイスにとどまらず、一歩踏み込んだ”投資先の人材採用支援“を行っていこうとする動きがあります。適切な人材要件を把握しているVCが、投資先企業に代わり、優秀な人材を発掘、採用支援までできれば理想的です。しかしながら、そのためのシステムは構築されていませんでした。
上記のようなスタートアップ、VC双方のニーズを受け、今般、新サービス『VCテラス』のサービスをリリースしました。従来よりスタートアップ企業が活用している、AmaterasのダイレクトリクルーティングサービスをVCにも開放することにより、Amateras登録者のデータベースを検索・閲覧でき、投資先企業の人材候補を直接スカウト・面談することが可能になりました。
アマテラスは"日本からグーグル・フェイスブックを100社創出する”ことを目指し、スタートアップの人材採用を総括的に支援します


VCテラス利用方法


アマテラス(cs@amater.as)に「VCテラス利用希望」とご連絡下さい。規約と申込書を送付致します。
お申し込み後、弊社との面談をお願いしております。(過去のトラックレコード、投資先企業の確認等をさせて頂いております。)
Amateras (ダイレクトスカウティングサービス)にアカウント作成。投資先企業の人材候補として、Amateras登録者(経営幹部候補)の検索・情報閲覧・ダイレクトスカウト・直接面談が可能になります。


登録パートナー一例
インキュベイトファンド株式会社、株式会社オプトベンチャーズ、株式会社環境エネルギー投資、株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ、スパークス・アセット・マネジメント株式会社・DBJキャピタル株式会社・株式会社東京大学エッジキャピタル・東京大学協創プラットフォーム株式会社・株式会社ドリームインキュベータ・Beyond Next Ventures 株式会社、マイカホールディングス株式会社・三菱UFJキャピタル株式会社等(50音順)(2018年11月現在)

PR TIMES

「株式会社」をもっと詳しく

「株式会社」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ