【土屋鞄】子どもたちの“今”しか描けない絵を製品化♪ 「ちびっこデザイナー大募集!2019」

11月12日(月)14時40分 PR TIMES

ー大賞はランドセル工房での職人体験にご招待ー

株式会社土屋鞄製造所は、小学生以下の子どもたちにリフレクター(反射材キーホルダー)のデザインを募集するコンテスト「ちびっこデザイナー大募集!2019」を、2018年11月1日(木)〜2019年1月7日(月)の期間で実施します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/7557/127/resize/d7557-127-164971-0.jpg ]

1965年創業、職人の手仕事によるランドセルづくりをつづけている株式会社土屋鞄製造所(本社:東京都足立区)は、小学生以下の子どもたちにリフレクター(反射材キーホルダー)のデザインを募集するコンテスト「ちびっこデザイナー大募集!2019」を、2018年11月1日(木)〜2019年1月7日(月)の期間で実施しています。
選ばれた大賞4作品は、「ちびっこリフレクター」として2019年に製品化し、土屋鞄製造所のランドセル専門店・オンラインショップなどで販売します。今年は「一緒に冒険したい“いきもの”」をテーマに子どもたちの自由な発想で描かれたデザインを募集します。

【詳細:https://www.tsuchiya-randoseru.jp/user_data/chibicco-designer.php】

子どもたちの想像力をカタチにする 「ちびっこデザイナー大募集!」

[画像2: https://prtimes.jp/i/7557/127/resize/d7557-127-336652-1.jpg ]

土屋鞄製造所は、「子どもたちの今しか描けない特別な絵をずっと先の未来にも残していきたい」という思いから、2013年にちびっこデザイナー募集企画を始めました。昨年は予想を上回る約3700件の作品が集まり、その中から大人には描けないのびのびとした独創的な作品を製品化。
「ちびっこリフレクター」は、ランドセルにつける安全のお守りとして、新一年生を中心に人気製品となっています。

大賞受賞のちびっこデザイナーには、ランドセル工房での職人体験にご招待

[画像3: https://prtimes.jp/i/7557/127/resize/d7557-127-950184-12.jpg ]

7回目となる今年も、大賞受賞者を工房で開催するものづくりイベント「職人体験」に親子でご招待します。ランドセル職人が普段使っている道具やミシン、材料を使って、オリジナル革小物を職人と一緒に製作。親子のかけがえのない思い出づくりをお手伝いします。

[画像4: https://prtimes.jp/i/7557/127/resize/d7557-127-921428-2.jpg ]

また、ご自身がデザインして製品化されたリフレクター1ダースをプレゼントする他、ちびっこデザイナーセットとして、ベレー帽や名前入りの革ロールペンケース、色鉛筆など、更にものづくりに興味をもってもらえるような賞品を贈呈します。

【2018年の「ちびっこ職人体験」のようす: https://www.tsuchiya-randoseru.jp/contents/detail.php?product_id=361】


「ちびっこデザイナー大募集!2019」募集要項

[画像5: https://prtimes.jp/i/7557/127/resize/d7557-127-186129-4.jpg ]

募集テーマ:「 一緒に冒険したい“いきもの” 」
空想のいきものや、お花、動物など、一緒に冒険してみたいと思う、“いきもの”の絵を募集します。
募集期間:2018年11月1日(木)〜2019年1月7日(月)
応募資格:12才以下(小学生以下)のお子さま
応募方法:郵送、店舗、WEB(パソコン・スマートフォン)にて受付。
※詳細は以下のWEBページをご確認ください。
【詳細:https://www.tsuchiya-randoseru.jp/user_data/chibicco-designer.php】

審査・結果発表:厳正なる審査の上、受賞作品を決定後、弊社WEB サイトにて2019年2月上旬に発表の予定です。大賞受賞者の方には、弊社より直接お電話でご連絡を差し上げます。

賞品:
【大賞】(4作品)
●ご自身がデザインして製品化されたリフレクター1ダース
●ちびっこデザイナーセット
●工房での「職人体験」に親子でご招待
(土屋鞄の工房にて職人の道具や材料を使って、お子さまにものづくりを楽しんでいただく体験イベント)

【優秀賞】(5作品)
●ご自身の作品がプリントされたアクリル製キーホルダー1点

【店舗賞】(12作品)
※店舗(童具店10店舗・西新井本店・軽井澤工房店)での応募作品の中から各店舗1作品
●土屋鞄オリジナル額装(店舗にて原画を展示後プレゼント)

<審査員>

[画像6: https://prtimes.jp/i/7557/127/resize/d7557-127-209025-6.jpg ]

シミズダニヤスノブ(テキスタイルデザイナー)

[画像7: https://prtimes.jp/i/7557/127/resize/d7557-127-255026-5.jpg ]

菊池留美子(イラストレーター)

[画像8: https://prtimes.jp/i/7557/127/resize/d7557-127-206389-7.jpg ]

安原ちひろ(イラストレーター)

[画像9: https://prtimes.jp/i/7557/127/resize/d7557-127-717857-8.jpg ]

金澤将吾(弊社職人)

LINE@でオリジナル待ち受けをプレゼント

[画像10: https://prtimes.jp/i/7557/127/resize/d7557-127-561838-13.png ]

土屋鞄のランドセルLINE@アカウントで、応募期間中にちびっこデザイナーオリジナル待ち受けをプレゼントします。友達登録をして、合言葉「ぼうけんしよう」と話しかけると、応募作品の一部を使った待ち受けをプレゼント。
※応募期間中にプレゼントの内容が変わります。

土屋鞄製造所(つちやかばんせいぞうしょ)

[画像11: https://prtimes.jp/i/7557/127/resize/d7557-127-150213-10.jpg ]

丈夫でシンプルなランドセル
土屋鞄のランドセルづくりは、1965年に創業者の土屋國男が自宅に併設した工房で始まりました。半世紀以上にわたり鞄製造一筋に打ち込み、子どもたちが6年間安心して使える、丈夫でシンプルなものづくりを大切にしています。

[画像12: https://prtimes.jp/i/7557/127/resize/d7557-127-253686-11.jpg ]

職人の手仕事によるものづくり

子どもたちと6年間をともに過ごす特別な鞄だからこそ、150以上のパーツを使用、職人の300を超える手仕事によりつくられます。西新井工房、軽井澤工房の他、2017年には長野県佐久市に「佐久工房」が仲間入りしました。工房や職人の数とともに、製造できるランドセルの数も少しずつ増えています。

[画像13: https://prtimes.jp/i/7557/127/resize/d7557-127-990378-9.jpg ]

ものづくりへの思いを込めたランドセル専門店
工房を併設した西新井本店と軽井澤工房店、大人向け革鞄専門店10店舗、ランドセル専門店10店舗、全国に22店舗を構えています。木材やレンガを使用した落ち着きのある店内には、ランドセルの素材となる牛革や、ミシンなどを展示しており、職人のものづくりを感じることができます。


【会社概要】
会社名 :株式会社 土屋鞄製造所
代表取締役社長:土屋成範
所在地(本社): 〒123-0841東京都足立区西新井7-15-5
URL:土屋鞄のランドセル https://www.tsuchiya-randoseru.jp/
Facebook https://www.facebook.com/tsuchiya.randoseru
Instagram https://www.instagram.com/tsuchiya_randoseru/

【お客様お問い合わせ先】
電話:0120-907-647(平日10:00〜17:00)
メール:jr-support@tsuchiya-kaban.com

PR TIMES

「子ども」をもっと詳しく

「子ども」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ