カワサキからジェットスキーSTXシリーズをフルモデルチェンジした「JET SKI STX 160X」「JET SKI STX 160LX」1月15日(水)新発売

11月12日(火)18時5分 PR TIMES

ハイパワーエンジンと軽量・コンパクトな艇体に加え、さまざまな運転支援機能や装備を搭載した「JET SKI STX 160X」「JET SKI STX 160LX」を新発売!

株式会社カワサキモータースジャパン(本社:兵庫県明石市、 代表取締役社長:寺西 猛)は、 2020年モデルのジェットスキー「JET SKI STX 160X」と「JET SKI STX 160LX」 を 2020年1月15日(水)より新発売いたします。
【URL】https://www.kawasaki-motors.com/js/lineup/

[画像1: https://prtimes.jp/i/28066/142/resize/d28066-142-465330-2.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/28066/142/resize/d28066-142-148032-0.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/28066/142/resize/d28066-142-602967-3.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/28066/142/resize/d28066-142-596291-1.jpg ]

今回発売する「JET SKI STX 160X」と「JET SKI STX 160LX」は、2004年に発売したJET SKI STX-15Fを15年ぶりにフルモデルチェンジした後継機です。1997年の初登場以来、3人乗りジェットスキーとしてロングセラーを続けているSTXシリーズの特長であるハイパワーエンジンと軽量・コンパクトな艇体に加え、高い操縦性を維持しながらライディングの向上のための、さまざまな運転支援機能や装備を搭載しました。本機種最大の特長は、膝の曲がりなど下半身にゆとりをもたせることによって、ゆったりとしたライディングポジションを実現と、艇体の全高を上げて、バンパー後部を延長させたことで滑らかさと躍動感をもたせたスポーティーなデザインです。

スポーティーな走りはもちろん、ロングツーリング、レジャーなど、さまざまなシチュエーションに適応でき、より幅広いライダーの皆様にマリンレジャーの楽しさとJET SKIを乗りこなす魅力を感じて頂けます。

また、「JET SKI STX 160LX」はマリンレジャーをより豊かにするBluetooth接続のオーディオシステムと、ライダーの身体にフィットするラグジュアリーシートを搭載しています。


[表: https://prtimes.jp/data/corp/28066/table/142_1.jpg ]


※メーカー希望小売価格は、消費税10%を含む参考・店頭渡し価格です。詳しくはジェットスキーARKにお問い合わせください。
※メーカー希望小売価格には予備検査料を含みますが、船舶検査料、法廷装備品代金、船舶検査代行料は含まれておりません。
※「JET SKI」「ジェットスキー」は川崎重工業の登録商標です。
※ジェットスキーは川崎重工業株式会社の海外工場 Kawasaki Motors Manufacturing Corp, USA(米国)において生産されたものです。


■主な特長
◯エンジン関係(JET SKI STX 160X、JET SKI STX 160LX共通)
・ハイパワーな水冷4気筒DOHC4バルブ(1,498㎤)を搭載し、燃料供給はフューエルインジェクションを採用することで鋭いスロットルレスポンスを提供。ハイパワーと扱いやすさだけでなく、優れた環境性能も有しています。
・新たなボディワークにより効率よくスペースを確保し。燃料タンク容量を62Lから78Lへ拡大し、クラス最大の容量を実現しています。燃費性能のよいエンジン特性との相乗効果で、より遠く、より長時間のライディングが可能となりました。

◯船体関係
・STXシリーズの高い直進走破性が特長のハルを採用したことで、ハンドリング性能・コンパクト化をバランスよく実現しています。
・艇体の全高を上げ、バンパー後部を延長することで、滑らかさと躍動感を流れるようなラインとマッシブ感をもったスポーティーなデザイン造形としています。
・トリプルカワサキスプラッシュディフレクターが走行中にライダーにかかる水しぶきを最小限に抑え、快適なライディングを提供します。
・艇体の周囲を覆うバンパーの下部にフィンを設置することで、常に高い整流効果を発揮し、走行の安定性を高めています。

◯電子制御システム(運転支援システム)
・スロットルレバー部にアクセルポジションセンサーを採用したことにより、操作荷重の大幅な低減を実現。初心者から上級者まで扱い易いスロットルレバーとなっています。また、クルーズコントロール機能を併用することで、長時間ライディングでのアクセルワークに関わる疲労が低減されます。
・エレクトロニック・クルーズコントロール機能が付帯されており、ライダーが任意で速度(エンジン回転数)を設定することができ、快適なクルージングが楽しめます。本モード有効中はスロットルレバーを完全に握りこんだ状態(=全開位置)でも指定速度(エンジン回転数)のまま走行が可能です。
・スマートラーニングオペレーションモードにより、エンジン出力を通常よりも低く抑えることができ、初心者の効率的な操艇技術の習得をサポートします。


■JET SKI STX 160X / JET SKI STX 160LX 主要諸元

https://prtimes.jp/a/?f=d28066-20191111-1030.pdf


■ジェットスキーARK
https://www.kawasaki-motors.com/js/ark/
ジェットスキーARK(アーク)は「Authorized and Reliable shop of Kawasaki」の略で、信頼あるカワサキ正規取扱店のことです。ご購入いただいた後も、豊富な経験と知識で、お客様のジェットスキーライフのお手伝いをいたします。



【 会社概要 】
会社名:株式会社カワサキモータースジャパン
所在地:〒673-8666 兵庫県明石市川崎町1番1号
代表取締役社長:寺西 猛
設立:昭和28年12月15日

カワサキモータースジャパン公式ウェブサイト
URL:https://www.kawasaki-motors.com/

カワサキモータースジャパン公式SNSアカウント
Facebook:https://www.facebook.com/KawasakiJPN/
Twitter:https://twitter.com/kawasaki_jpn
YouTube:https://www.youtube.com/user/kawasakimotorsjapan

PR TIMES

「カワサキ」をもっと詳しく

「カワサキ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ