次世代コミュニティメディア「three」から、クリエイターたちが手掛ける“読むチョコレート”『Chocolate Library』誕生

11月11日(月)15時5分 PR TIMES

第1弾のエッセイを執筆したのはアーティスト・起業家のharu.

次世代コミュニティメディア「three」を手掛けるコクハク株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:木本考紀)は、時代の第一線で活躍するクリエイターたちとともに“読むチョコレート”をコンセプトにしたスイーツブランド『Chocolate Library』を立ち上げました。11月11日(月)より、公式ECサイト(https://chocolibrary.theshop.jp)にて販売を開始いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/36051/4/resize/d36051-4-234561-7.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/36051/4/resize/d36051-4-574504-8.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/36051/4/resize/d36051-4-807402-3.jpg ]




■コンセプトは“読むチョコレート”
『Chocolate Library』は、“読むチョコレート”をコンセプトに、各業界のクリエイターが集まり立ち上げたスイーツブランドです。日本を代表する農園の果実×チョコレート×ショートエッセイという異色の掛け合わせにより、心の頬が落ちる時間を提供します。
[画像4: https://prtimes.jp/i/36051/4/resize/d36051-4-811809-0.png ]




■いま注目の編集者とデザイナーを起用
ブランドのコンセプトからパッケージデザインまでを作り上げたのは、編集者の黄孟志と、クリエイティブディレクターの高橋鴻介。いま「three」がカルチャーイノベーターとして注目する2人を起用しました。

Editor in Chief:黄孟志(Takeshi Koh)
編集者。株式会社かくしごと代表として、未来をつくる企業の“隠し事”を“書く仕事”で応援中。複数のカルチャー系WEBメディアで編集長を務め、過去には『GINZA』『週刊プレイボーイ』『東京新聞』『R25』などで人気連載コラムを執筆。1988年生まれ。早稲田大学理工学部建築学科中退。


[画像5: https://prtimes.jp/i/36051/4/resize/d36051-4-518420-5.jpg ]


Creative Director:高橋鴻介(Kosuke Takahashi)
大手広告代理店にプランナーとして勤めながら、発明家としても活躍中。視覚でも触覚でも読める点字「Braille Neue」(第6回JAAA若手大賞受賞)、ペットボトルのキャップをネジとして再活用するプロジェクト「CAPNUT」などを手掛ける。1993年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業。
[画像6: https://prtimes.jp/i/36051/4/resize/d36051-4-514686-1.jpg ]



■第1弾のゲストクリエイター
シリーズ第1弾のゲストクリエイターとして、東京藝術大学出身でアーティスト・起業家と幅広く活躍中のharu.が参画。今回使用した果実「山上農園のデコポン」が持つストーリーからインスピレーションを受けた彼女が、スイーツの味わいをより深めるポエティックなショートエッセイを執筆しました。
[画像7: https://prtimes.jp/i/36051/4/resize/d36051-4-685010-4.jpg ]

【Profile】
haru.
東京藝術大学在学中に同世代のアーティスト達とインディペンデント雑誌『HIGH(er) magazine』を編集長として創刊。多様なブランドとのタイアップコンテンツ制作を行ったのち、2019年6月に株式会社HUGを設立。取締役としてコンテンツプロデュースとアーティストマネジメントの事業を展開し、新しい価値を届けるというミッションに取り組む。1995年生まれ。


■厳選した素材
鹿児島・山上農園のデコポン
今回使用した果実は鹿児島県・山上農園が育てた“柑橘界の王様“と呼ばれる「デコポン」。ターコイズブルーの海に囲まれた赤土の山頂にて、眩しい太陽と山上博樹園長の愛をたっぷりと浴びて完成した名果実です。王の名に相応しい糖度・風味を誇る逸品を、今回は贅沢にドライフルーツ加工しました。
[画像8: https://prtimes.jp/i/36051/4/resize/d36051-4-994382-10.jpg ]


カカオ開発ベンチャー・フーズカカオのビターチョコレート
チョコレートは、テクノロジーを駆使してアジアのカカオ農園開発を行うベンチャー・フーズカカオ株式会社 によるもの。果実の味わいを引き立てるため、インドネシア産カカオ70%のビターチョコを使用。口に入れた瞬間にチョコレートと果実を同時に味わえるよう、縦向きのハーフコーティングを採用しました。
[画像9: https://prtimes.jp/i/36051/4/resize/d36051-4-891873-9.jpg ]




■『Chocolate Library』商品詳細
[画像10: https://prtimes.jp/i/36051/4/resize/d36051-4-949104-11.jpg ]

[画像11: https://prtimes.jp/i/36051/4/resize/d36051-4-265779-6.jpg ]

商品名:『Chocolate Library』Yamagami Farm×haru.
価格:2,000円(消費税・送料別)
公式ECサイトにて発売中
URL:https://chocolibrary.theshop.jp


■ブランド開発の起点となったHOT CULTURE HUB「three」
新進気鋭のクリエイターやカルチャーイノベーターが集うホットカルチャーハブ「three」。この次世代コミュニティメディアでの化学反応により『Chocolate Library』は誕生しました。今後も「three」は、カルチャーにまつわる様々なコンテンツ、プロダクト、シーンを作り続けていきます。『Chocolate Library』第2弾にも乞うご期待!!
[画像12: https://prtimes.jp/i/36051/4/resize/d36051-4-222289-2.png ]

URL:https://threemedia.jp


■LAUNCH PARTY開催のお知らせ
2019.11.13 (Wed) 19:00-22:00 @Sta.(渋谷区円山町11-7)
2019年6月のオープン以来、ファッション・カルチャー界隈で話題のレストラン「Sta.」にて、『Chocolate Library』のローンチパーティーを開催。世界水準のサウンドとして注目を集めるバンド・WONKのボーカル長塚健斗がDJにて会場BGMを担当。第1弾となるデコポンチョコレートと、当日限定「デコポンカクテル」とのペアリングをお楽しみください。

本リリースをご覧のうえ、参加ご希望のメディア会社関係者さま、モデル・インフルエンサー会社関係者さまは、お名前・会社名・参加人数を下記までご連絡ください。

コクハク株式会社 担当:武藤
hello@kokuhaku.co.jp
[画像13: https://prtimes.jp/i/36051/4/resize/d36051-4-126067-12.png ]




■「Chocolate Library」「three」を提供するコクハク株式会社について
「多様なカルチャーの波を大きなうねりに変え、世界へ浸透させる。」 をビジョンに掲げ、自らを“CULTURIZE STUDIO”と呼んでいます。あらゆるカルチャーに秘めた可能性を最大化し、その潮流さえ創り上げながら世界へと広げていきます。

会社名:コクハク株式会社
設立:2018年2月1日
代表者:代表取締役CEO 木本考紀
所在地:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-1-1 HARAJUKU TOWNHOME #606
HP:https://kokuhaku.co.jp
本件お問い合わせ先:hello@kokuhaku.co.jp 担当:武藤

PR TIMES

「チョコレート」をもっと詳しく

「チョコレート」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ