渡辺パイプの次世代基幹システム『次世代モノリス』を2020年8月にリリース

11月12日(木)14時46分 PR TIMES

〜10年後を見据えた業務とITの一体改革を推進〜

フューチャーアーキテクト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神宮 由紀、以下フューチャーアーキテクト)は、渡辺パイプ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:渡辺 元、以下:渡辺パイプ) の10年後を見据えた業務改革の推進を目的とした基幹システム『次世代モノリス』を構築し、2020年8月に本稼働させたことをお知らせいたします。

[画像: https://prtimes.jp/i/4374/428/resize/d4374-428-742677-0.png ]

渡辺パイプは、管工機材、住宅設備機器、建材、電設資材などを取り扱う住宅総合商社としての「水と住まいの事業」と、グリーンハウスや栽培システムなどを手掛ける農業総合メーカーとしての「グリーン事業」の2軸で事業を展開し、人々の快適な暮らしに直結する生活インフラに貢献しています。顧客の多様なニーズに対応した確実な商品提供はもとより、水・住まい・農業の領域で次代の価値創造に取り組む渡辺パイプは、今後10年の持続的な成長を見据え、業務とシステムの改革に着手しました。


フューチャーアーキテクトは、事業ビジョン、最新のIT動向、市場や社会の動向などから渡辺パイプの10年後の未来の姿を描き、経営戦略・業務・システムの三位一体の変革プロジェクトを支援しています。今回構築した基幹システム『次世代モノリス』は、データ分析やAI活用により、収益管理、営業業態を横断した情報共有による協業体制の強化、施策の精度向上、科学的なアプローチによる事業戦略の早期立案を行えるようにし、業務の生産性を大幅に向上させ改革を強力にサポートします。


フューチャーアーキテクトは、渡辺パイプのIT戦略パートナーとして経営戦略・業務・システムの三位一体の変革を引き続き支援し、より付加価値の高いサービスを提供するための次世代モデルをデザインしていきます。


■フューチャーアーキテクト株式会社 概要
代表者:代表取締役社長 神宮 由紀
設立:2016年4月1日
事業内容:ITを武器とした課題解決型のコンサルティングサービスの提供
URL:https://www.future.co.jp

PR TIMES

「モノリス」をもっと詳しく

「モノリス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ