ベルトラ、山形カシオと提携 水中で会話可能な「ロゴシーズ」を導入したマリンアクティビティの販売を開始

11月12日(木)14時46分 PR TIMES

ダイビング・スノーケリングの新たな魅力発信と安全性の向上目指す

世界150カ国の現地体験型オプショナルツアー専門予約サイト『ベルトラ』を運営するベルトラ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:二木 渉、以下「ベルトラ」/ https://www.veltra.com/jp )は、山形カシオ株式会社(以下「山形カシオ」)が開発・製造・販売する水中トランシーバー「Logosease(ロゴシーズ)」を導入したダイビング・スノーケルツアーの提供を開始いたしました。

[画像: https://prtimes.jp/i/53963/17/resize/d53963-17-720298-0.png ]



Logosease(ロゴシーズ)の導入について


ベルトラは2020年11月、水中トランシーバー「Logosease(ロゴシーズ)」の取引基本契約書を山形カシオと締結いたしました。この契約によりベルトラはロゴシーズを購入し、各地のダイビングショップなどの現地パートナーに提供のうえ、機器を活用したオリジナルアクティビティを企画・開発いたします。

ベルトラが考える「Logosease(ロゴシーズ)」を導入したアクティビティのメリットは以下の3つです。

<マリンアクティビティの新たな魅力の発信>

豊富な知識をもつガイドやインストラクターによる解説は、マリンアクティビティの醍醐味の一つと言えます。しかし海中ではハンドサインといった限定的な方法でしかコミュニケーションをとることができませんでした。「Logosease(ロゴシーズ)」をツアーの一部として活用することで、ガイドと参加者の海中でのコミュニケーションが可能となり、感動や発見をその場で共有し、新たな楽しみ方を提供します。

<事故予防の強化、安全性の向上の追求>
言葉による声掛けは事故防止と安全性の向上にも繋がります。ベルトラがアクティビティで使用するモデルは水深50メートル、最大通信距離50〜100メートルで使用が可能。体調が悪い、息が吸いづらい、ガイドとの距離があるといったトラブルの際、事故の予防手段として活用が期待できます。また「Logosease(ロゴシーズ)」の提供を受けた催行会社では、水中でも聞きやすいよう発声訓練を行うなど事前練習を行います。

<レジャー領域への拡大>
現在、「Logosease(ロゴシーズ)」は、ダイビングやスノーケリングといったマリンアクティビティでの利用が日本国内に限られています。世界150か国の現地ツアー・アクティビティ催行会社とのネットワークを持つベルトラがアクティビティとして企画化を進めることで、国内のみならず海外のレジャー領域におけるロゴシーズの認知と利用率の向上を目指し、新たな市場への拡大をはかります。

Logosease(ロゴシーズ)商品情報:https://logosease.yamagata-casio.co.jp/



Logosease(ロゴシーズ)を使ったアクティビティの例


ベルトラでは以下のアクティビティでLogosease(ロゴシーズ)を利用したアクティビティを販売しています。

【沖縄】ガイド完全貸切で熱帯魚満喫!ロゴシーズおしゃべりダイビングプラン(9,680円)
https://www.veltra.com/jp/japan/okinawa/okinawa_main_island/a/129082

【沖縄】ビーチ体験ダイビング ダイビングポイントのアレンジもできるプライベートツアー!水中でおしゃべりプラン(9,900円)
https://www.veltra.com/jp/japan/okinawa/okinawa_main_island/a/166715



今後の展望


国内では沖縄や関東圏を中心にLogosease(ロゴシーズ)の導入を図る一方、ハワイ、グアム、オーストラリアといった海外のダイビングスポットの催行会社と連携をおこない、海外旅行が可能になった際には、これまで以上に奥深いマリン体験を提供してまいります。また「マリンプロジェクト」に取り組むベルトラでは、「Logosease(ロゴシーズ)」を活用したライセンス講習会も推進するなど、アクティビティ体験を通じた地域社会、海洋環境保護への貢献と、マリンアクティビティの安全性の向上に努めてまいります。

■ベルトラが取り組む「マリンプロジェクト」について
ベルトラでのマリンプロジェクトでは、サステイナブルな体験アクティビティの提供を促進し、海のアクティビティの安全性の向上を目標の一つとして掲げています。ベルトラは本プロジェクトにおいて、アクティビティ体験を通じて海洋環境を守る大切さを伝える機会を創出するとともに、誰もが安全にマリンアクティビティを継続的に楽しめる環境の整備に努め、楽しむだけに留まらない、社会課題の解決にも寄与するサステイナブルな旅行スタイルの実現を目指します。

マリンプロジェクト詳細:https://corp.veltra.com/press/20200722/2240/

■山形カシオ株式会社について
社  名:山形カシオ株式会社(YAMAGATA CASIO CO., LTD.)
本  社:山形県東根市大字東根甲5400-1
設  立:1979年10 月
代表者:代表取締役社長 福士 卓
事業内容:電子機器の設計・製造・販売
URL:https://www.yamagata-casio.co.jp/

■ベルトラについて
ベルトラは「旅の本質はどこに行くかより、そこで誰と何をするか」と信じ、その起点・軸となる体験型オプショナルツアーの専門予約サイトとして成長を遂げてきました。心揺さぶる「旅の体験」を届け、人々の人生をより一層豊かにするというミッションのもと、お客様が世界中のさまざまなアクティビティに出会う市場を提供してまいります。

現地ツアー数:約12,000ツアー / 現地ツアー催行会社数(世界):約4,000社
取り扱い国数:150カ国 / 会員:約200万人 / 参加体験談 :約440,000件
URL:https://www.veltra.com/jp/
旅行会社向け B to B プログラム(販売店募集): https://www.veltra.com/ta/jp/

■企業概要
社  名:ベルトラ株式会社 (VELTRA Corporation)
上場市場:東京証券取引所マザーズ市場(証券コード:7048)
本  社:東京都中央区京橋一丁目18番1号 八重洲宝町ビル5階
設  立:1991年11月
代表者:代表取締役社長 兼 CEO 二木 渉
資本金:5億3557万円 (2020年3月31日現在)
事業内容:海外オプショナルツアー(アクティビティ)予約サイト「VELTRA(ベルトラ)」の運営

PR TIMES

「カシオ」をもっと詳しく

「カシオ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ