旅行会社ベルトラと水中無線機“Logosease”で提携

11月12日(木)15時16分 PR TIMES

水中での会話をダイビング・スノーケルツアーで活用

山形カシオ株式会社(山形県東根市)は、海外オプショナルツアーの予約サイトを運営するベルトラ株式会社(東京都中央区、以下ベルトラ)と、水中で会話できる小型無線機“Logosease(ロゴシーズ)”を使ったダイビング、スノーケルツアーにおいて提携することをご案内します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/40622/107/resize/d40622-107-723619-3.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/40622/107/resize/d40622-107-845597-5.jpg ]




 


当社が開発・製造・販売する“Logosease”は、ダイビングで使用する一般的な水中マスクに装着し、レギュレータを咥えたまま水中での会話を実現する無線機(ダイブトランシーバー)です。2013年1月の発売以来、筆談や手信号といった従来のコミュニケーション方法や業務用の特殊な機材とは異なり、水中での会話を手軽に楽しめる斬新な機器として注目を集めています。

べルトラは、世界150ヶ国、4,000社以上の現地事業者と直接契約する現地体験型オプショナルツアーを展開するオンライン予約サイト「VELTRA(ベルトラ)」を運営しています。「旅先で何をしたか」をテーマに「コト」に特化したオプショナルツアーは年間75万件以上利用されており、ダイビングツアーにおいても、年間延べ2万8,000人以上が利用しています。

今回の提携により、ベルトラは、当社の“Logosease”を使用するダイビングやスノーケルの体験ツアーを提供してまいります。これにより、ツアーの醍醐味のひとつであるツアーガイドの豊富な知識による解説を水中においても音声で伝えることができるので、参加されたお客さまに「コト」をより一層楽しんでいただくとともに、水中でガイドの声が聞こえる安心感へもつながります。

また当社は、ベルトラが契約する現地のツアーガイド、ダイビングショップに対して“Logosease”の操作方法や使い方のコツなど、オンライン講習や技術的な支援を行っていく予定です。

「Logosease」は山形カシオ株式会社の商標です。その他の会社名・商品名は、各社の登録商標または商標です。

PR TIMES

「旅行会社」をもっと詳しく

「旅行会社」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ