「Facebook Pay」ローンチ、個人間決済や募金集めがカンタンに

11月13日(水)12時30分 MONEYzine

 Facebookは11月12日、新たな決済サービス「Facebook Pay」をローンチしたと発表した。同社SNSで利用可能な募金集めやゲーム内課金、個人間の支払いなどに使うことができる。


 Facebookは11月12日、決済サービス「Facebook Pay」がFacebookとMessengerで今週から米国で利用可能になると発表した。Facebookでの募金集め、ゲーム内課金、イベントチケットや、Mesengerを使った個人間の支払い、Facebook Marketplaceの厳選されたFacebookページや事業者からの買い物に使うことができる。また、Instagram、WhatsAppでも今後利用可能になる予定だ。


 利用の際には、FacebookのアプリかウェブサイトでFacebook Payの設定を行い、クレジットカードやデビットカード、PayPalなど、好きな支払い方法を設定する(この設定はWhatsAppとInstagramのアプリで直接設定可能になる予定)。支払い履歴や支払い方法の管理、各種接点はひとつの画面でチェックすることができる。


 Facebookは、この決済サービスについて、既存の金融インフラとパートナーシップで構築されており、LibraネットワークのCalibraウオレットとは異なるとしている。


 カード番号や銀行口座などの情報は暗号化されているが、ユーザーがPIN(Personal Identification Number)を追加したり、自分のデバイスの生体認証を使って、セキュリティを強化することができる。


【編集部より、修正について】

記事冒頭で、Facebook Pay利用可能になる国について「米国」で利用可能になる旨を追加しました。


MONEYzine編集部[著]


【関連記事】

UberとVenmoが提携、友だちとのワリカンを絵文字で楽しく

フェイスブック、デジタル通貨「Libra」のためのウォレット「Calibra」を2020年にローンチ

PayPay、フリマとモールで同時に最大2割相当を還元

MONEYzine

「Facebook」をもっと詳しく

「Facebook」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ