インバウンド対応の多言語AI チャットボット「talkappi」をチョイスホテルズジャパンの全ホテルに導入

11月12日(火)18時5分 PR TIMES

多言語コミュニケーションツールを開発する株式会社アクティバリューズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:陳適)は、多言語AIチャットボット「talkappi(トーカッピ)」を、株式会社チョイスホテルズジャパン(本社:東京都中央区、代表取締役社長 村木 雄哉)が展開する国内全63施設に導入いたしました。

[画像: https://prtimes.jp/i/20288/23/resize/d20288-23-161828-0.png ]



◾talkappi(トーカッピ)について
2017年12月にリリースした「talkappi」は、AI による多言語での問合せへの自動応答、マーケティング支援などの機能を備えたチャットボットです。旅行者が普段ご利用のスマートフォンから、Webブラウザーに加えてLINE、Facebook messenger、WeChatといった国内外のメッセージアプリでも使うことができるため、ユーザーとの接点を旅マエ〜旅アトにわたり維持できる強みがあります。日本語、英語、中国語(簡体)、中国語(繁体)、韓国語に標準対応しており、日本人はもちろん訪日外国人旅行者(インバウンド)の9割以上をカバーできます。ホテルの「Hotel Village」、「グランドニッコー東京台場」、地域DMOの「草津温泉観光協会」、自治体の「高知市」などで既に導入されており、問合せへの自動応答率が高いということで好評をいただいています。
URL:https://talkappi.com/

◾株式会社チョイスホテルズジャパン
株式会社チョイスホテルズジャパンはChoice Hotels Internationalのマスターフランチャイジー会社です。Choice Hotels International(本社アメリカ、メリーランド州)は、世界40カ国以上に7,000軒以上を構えるホテルフランチャイズチェーンです。チョイスホテルズジャパンは、日本国内において北は北海道、南は沖縄まで全国各地でコンフォートブランドのホテルを展開しています。コンフォートブランドのホテルでは、ビジネスや観光に便利な立地、バランスよくヘルシーな無料朝食サービス、オリジナル寝具による快眠へのこだわりなど、安定したサービスを提供しています。また、2018年5月31日の世界禁煙デーをもって、全国に50軒以上の規模を展開するホテルとしては日本で初めて、全室禁煙化を達成しました。お客さまの旅がより実り多く、一人ひとりの時間を彩りあるものにしたいという思いから、ブランドコンセプトとして「Color your Journey. 旅に、実りを。」を掲げています。
社名:株式会社チョイスホテルズジャパン
代表者:代表取締役社長 村木 雄哉
所在地:東京都中央区日本橋馬喰町一丁目6-3 吉野第一ビル2階
URL:https://www.choice-hotels.jp

◾今後について
アクティバリューズは、多言語コミュニケーションツールを提供することで、インバウンド誘致に取り組む自治体、宿泊施設、観光リゾートなどのサービス提供施設とともに、インバウンド誘致による地域活性化に貢献していきたいと考えています。今後、「talkappi」は、多言語での予約機能を増強し、オンラインでの事前決済と合わせて提供予定であり、施設の自社サイトでの予約率の向上をサポートしていきます。
当社は、「talkappi」 の普及により、AIの社会実装を実現することを通じて、言葉の壁を乗り越え、外国人のお客様が日本の優れた多様なサービスを安心して体験できるよう、今後も取り組んでいきます。

◾会社概要
社名  :株式会社アクティバリューズ
代表者 :代表取締役 陳 適
所在地 :東京都渋谷区代々木1-30-14
事業内容:
1、多言語コミュニケーションソリューション提供
2、アプリ、ウェブサービスの開発・運営
3、人工知能技術活用の支援・サポート
URL:https://activalues.com

本件に関するお問い合わせ:
株式会社アクティバリューズ
担当: 大内
E-mail: info@activalues.com

PR TIMES

「言語」をもっと詳しく

「言語」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ