全国銀行員の平均年収ランキング2019【ベスト30】

11月14日(木)6時0分 ダイヤモンドオンライン

銀行員はまだまだ年収が高い?

1位の三井住友トラストは1303万円


 地方の人口減少や低金利の長期化で、地方銀行が苦境にあえいでいる。厳しい経営環境を背景に、再編機運は高まりを見せている。


 9月には島根銀行、11月11日には福島銀行が、地銀との連携強化に乗り出しているSBIホールディングスの出資受け入れをそれぞれ表明した。生き残りを懸けた合従連衡の動きが加速している。


 一方で、地方において銀行員の年収は、まだまだ高水準を維持している。


 10月の「各都道府県で最も年収が高い会社リスト」で紹介したが、各都道府県の年収トップ企業のうち、最も多かった業種は銀行で、熊本や香川など14県に上った。


 そこで今回は、上場している銀行およびその持株会社を対象に「全国銀行員の平均年収ランキング」を作成した。本社所在地はダイヤモンド社企業情報部調べ。それでは早速、見ていこう。



 1位は、三井住友トラスト・ホールディングスで1303万円。2位は、三井住友フィナンシャルグループで1155万円だ。


 以下、3位の第四北越フィナンシャルグループ(傘下に新潟県トップの第四銀行と同2位の北越銀行、2021年1月に両行は合併予定)から、10位の東京きらぼしフィナンシャルグループ(傘下に東京都民銀行、八千代銀行、新銀行東京の3行合併で誕生したきらぼし銀行)までが年収1000万円超だった。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「銀行」をもっと詳しく

「銀行」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ