あの痛レーシングカーが買える! グッドスマイルレーシング、初音ミク仕様Mercedes AMG 2019シーズンマシンを販売へ

11月14日(木)20時28分 ねとらぼ

GSRが2018年、2019年のSUPER GTで使用したマシン「グッドスマイル 初音ミク AMG」を販売へ。写真は2018年のデザイン

写真を拡大

 グッドスマイルレーシングは2019年11月14日、「SUPER GT」2019年シーズンで使用したマシン「グッドスマイル 初音ミクAMG」を販売すると発表。公式ブログとTwitterで購入希望者を募集しています。
 GOODSMILE RACING & TeamUKYO(以下GSR)のチームマシンである「グッドスマイル 初音ミク AMG」は、2018年シーズンから使用している「Mercedes AMG GT3」をベースに制作したレーシングカー。2シーズンに渡ってチーム、ファンと共に国内外のレースを戦ってきたマシンです。
 マシンの仕様について、詳細は伏せられていますが、エンジンは2019年8月に開催された耐久レース「鈴鹿10h」前にオーバーホール(ほぼ載せ替え)しており、その後に行われたSUPER GT オートポリス戦、SUGO戦、ツインリンクもてぎ戦の計4レースを走っている状態。走行距離は2万キロ以上です。
 フレームにダメージが出るようなクラッシュ歴はなく、外装も細やかなダメージまでしっかり補修してあるそうで、購入後すぐにも使用できる良コンディションですが、レース仕様車であるため、助手席やエアコンなどの設備はなく、また法的な理由から公道を走ることはできません。
 権利の関係からレーシングミクのラッピングは剥がすことになっていますが、GSRは「大切にしてくださる方に買っていただけたら大変幸せです」とブログに綴り、レースでの使用以外の目的に限って「現在のラッピングのままの保存」することも相談可能としています。
 気になる販売価格について、GSRは「希望販売価格を書こうか悩みましたが、まぁまぁするのでちょっとエゲツないかなと思いまして見送りました」と、詳細な金額を明かしていませんが、ねとらぼの取材によればちょっとした一軒家を買うくらいの金額となる見込みです。

ねとらぼ

「初音ミク」をもっと詳しく

「初音ミク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ