蘭のトンネル、金魚が泳ぐフラワーアート、宙を漂う無数の蘭。国内最多200品種が登場 「大胡蝶蘭展」開催

11月14日(火)16時1分 PR TIMES

開催期間: 2017年12月2日(土)〜2018年2月19日(月)

長崎・ハウステンボスでは2017年12月2日(土)から2018年2月19日(月)まで、国内最多200品種の胡蝶蘭が宮殿・パレス ハウステンボスを埋め尽くす「大胡蝶蘭展」を開催いたします。今年は「蘭のトンネル」や、蘭で飾り立てた水槽に金魚が泳ぐフラワーアートが初登場。さらに空中を漂う蘭で部屋丸ごと一室が埋め尽くされる空間装飾など、様々な作品が展示されます。
蝶が舞うような見た目から、「幸せが飛んでくる」という花言葉を持つ胡蝶蘭。美しく、そして縁起も良い、様々な胡蝶蘭を間近で鑑賞できる「大胡蝶蘭展」へ、ぜひお越しください。
※下記画像は全てイメージ
[画像1: https://prtimes.jp/i/23462/121/resize/d23462-121-532698-2.jpg ]

▼部屋を埋め尽くす「蘭のトンネル」▼
色鮮やかな蘭に埋め尽くされた、今年初登場の「蘭のトンネル」。
部屋全体を覆うように広がる華やかなトンネルはフォトスポットとしても魅力です。

▼金魚と蘭の優雅な共演▼

[画像2: https://prtimes.jp/i/23462/121/resize/d23462-121-484863-4.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/23462/121/resize/d23462-121-814028-3.jpg ]

蘭が飾られた巨大な水槽に金魚が泳ぐ、幻想的なフラワーアートが初登場。落ち着いた癒しの空間をお楽しみください。

▼宮殿が舞台の蘭の展覧会▼

[画像4: https://prtimes.jp/i/23462/121/resize/d23462-121-782557-6.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/23462/121/resize/d23462-121-288728-7.jpg ]

空中に約1500本の蘭が浮ぶ部屋や、巨大な壁画と見事に調和したフラワーアートなどを展示。館内の撮影は自由で、カフェやショップなども併設されています。

▼【CHECK】 日本で一番貴重な蘭と言われる▼
「尖閣蘭」を2018年1月下旬、期間限定で展示予定!
現在は採取ができず、絶滅寸前であるとも噂される“幻の蘭”を、ぜひハウステンボスでご覧ください。
会場: パレス ハウステンボス
時間: 9時-21時30分(日によって異なる)
料金: 500円(パスポート類提示)
700円(散策チケット提示)

PR TIMES

この記事が気に入ったらいいね!しよう

トンネルをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ