自動車総合部品メーカー大手、株式会社ケーヒンが「サイバネットCAEクラウド」を採用、高額な投資なしで大規模解析を実現

11月14日(木)17時55分 PR TIMES

計算時間を従来の1/9にまで圧縮。導入事例をWeb公開中

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役 社長執行役員:安江 令子、以下「サイバネット」)は、株式会社ケーヒン(本社:東京都、代表取締役社長:相田 圭一、以下「ケーヒン」)が、サイバネットが販売・サポートする「サイバネットCAEクラウド」を同社の設計・開発環境の一つとして採用したことをお知らせします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/4714/366/resize/d4714-366-753244-0.png ]

サイバネットCAEクラウドは、クラウド上でCAEソフトウェアによるシミュレーションを高速に実行するためのクラウドコンピューティング環境です。CAEソフトウェア利用者が計算リソース不足への対応に悩むことなく本来の業務に注力できるよう、使いやすいクラウド環境を提供します。
・クラウドの専門知識不要。アイコンをクリックするだけで、計算規模に合わせたスペックのクラウド環境を選択可能です。
・高速リモートデスクトップ環境により、クラウド環境で高負荷処理中に生じることの多い操作時のタイムラグ(画面遅延)を最小限にしました。スムーズで快適な操作環境を実現します。
・コラボレーション機能により、遠隔地のメンバーとも同じ操作画面を閲覧・共有可能です。拠点間のコミュニケーションをサポートします。
製品の詳細は下記Webサイトをご覧ください。
https://www.cybernet.co.jp/caecloud/ 

■導入の背景
ケーヒンはメカニクスとエレクトロニクスの高度な融合を図ることで、エネルギーマネジメントシステム全体での最適化を図る一方、ハイブリッド車やFIシステムなど、環境との調和という重要テーマにも取り組んでいます。
こうした中、設計現場で必要とされる解析は大規模化が進んでおり、投資と機能のバランスから、高機能なマシン環境を整えるのではなく、クラウドを採用することを決定しました。サイバネットCAEクラウドの導入により、同社では高額な投資をすることなく、繁忙期の解析時間を大幅に削減することに成功しました。

■ケーヒンのコメント(開発本部 PCU開発部 有本 志峰 氏)
当社は使い易さとセキュリティの観点から、サイバネットCAEクラウドを2019年3月に導入し、同社の設計・開発現場での活用を開始しています。
自動車業界の設計現場の変革に対応するためには、CAEによる大規模計算や解析精度の向上、時間短縮が必要となってきています。そのため弊社では解析に必要なHPCマシンの選定・導入を行っていましたが、解析規模の拡大とともにマシンの導入コストが上がり、投資が増していくことが大きな課題でした。

サイバネットCAEクラウドを使うことで、必要な時に必要な数のライセンスが利用できるようになり、コストを抑えられました。さらに同環境のハイスペックなマシンにより、従来4日間かかっていた解析時間を9分の1にまで短縮できました。いつでも解析環境が準備されているため、計算リソース不足で解析できないとい状況も減らせました。これは設計者がCAEを使うモチベーションの維持にも有効と考えています。
今後は大規模解析に加え、連成解析※1などの高度な解析を増やすほか、サイバネットCAEクラウドの特徴であるコラボレーション機能を部門間の連携や教育に役立てたいと考えています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/4714/366/resize/d4714-366-699972-3.png ]


■導入事例Webサイト
導入の経緯や展開・運用など、本事例の詳細は下記Webサイトをご覧ください。
https://www.cybernet.co.jp/caecloud/

---------------------------------------------------
【注釈】
※1:連成解析:複数の物理現象の相互作用を考慮しながら行う解析。
---------------------------------------------------

【ケーヒンについて】
株式会社ケーヒンは、1956年に株式会社京浜精機製作所として設立されました。二輪車および四輪車の気化器(キャブレター)の開発と製造を手掛け、特に本田技研工業株式会社が開発したシビックの画期的低公害エンジン「CVCC エンジン」用の気化器を供給した(1975年)ことで広く知られています。1997年には株式会社ハドシスおよび株式会社電子技研と合併して商号を株式会社ケーヒンに変更、自動車部品の総合システムメーカーになりました。現在、世界トップクラスのシェアを持つ二輪車用燃料供給製品のほか、四輪車用燃料供給システム、空調システム、EVおよびHV用電子制御システムなどを手掛けています。グループ会社は国内に6社、海外26社。従業員数は2万2,624人(連結:2019年3月現在)、売上高は3,492億20百万円(連結:2019年3月期)。
株式会社ケーヒンに関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
https://www.keihin-corp.co.jp/

【サイバネットについて】
サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスを展開しており、電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種および適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。また、企業が所有するPC/スマートデバイス管理の効率化を実現するIT資産管理ツールをはじめ、個人情報や機密情報などの漏洩・不正アクセスを防止し、企業のセキュリティレベルを向上させるITソリューションをパッケージやサイバネットクラウドで提供しております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
https://www.cybernet.co.jp/

※ CAE(Computer Aided Engineering)とは、「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術です。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献しております。

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標および登録商標です。

---------------------------------------------------
本件に関するお問い合わせ先:サイバネットシステム株式会社
---------------------------------------------------
■内容および製品の取り扱いについて
ソリューション営業推進部/窪田
TEL:03-5297-3429 E-MAIL:caecloud@cybernet.co.jp

■報道の方は
コーポレートマーケティング部/新留
TEL:03-5297-3094 E-MAIL:prdreq@cybernet.co.jp

■投資家の方は
経営企画・IR部/目黒
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp
---------------------------------------------------

PR TIMES

「株式会社」をもっと詳しく

「株式会社」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ