日本テレビ放送網株式会社様より麹町新スタジオ(仮称)向けの4K HDR対応制作スタジオ設備を受注

11月15日(水)11時0分 @Press

ソニービジネスソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:宮島和雄、以下ソニービジネスソリューション)は、このたび、日本テレビ放送網株式会社様(以下日本テレビ様)より、4K HDR制作に対応する制作スタジオ設備を受注しました。4K HDR / HD SDRの同時ライブ映像制作の実現と、12G-SDIでのシステム構築をご評価いただき、今回の採用決定となりました。

プレスリリースはこちら
http://www.sonybsc.com/sbsc/press/2017/20171115_1.html

今回受注したシステムは、4K映像信号を1本の同軸ケーブルで伝送できるインターフェース12G-SDIをベースに構築される4Kライブ制作システムとしては、ソニーとして国内初(※1)の受注となります。

ソニーの提唱する4K HDR / HD SDRの同時ライブ映像制作を実現するワークフロー「SR Live for HDR」に対応し、制作用フォーマットに「4K HDR/S-Log3/BT.2020」を用いてカメラの性能を最大限に生かすとともに、HDRプロダクションコンバーターユニット『HDRC-4000』の導入により、HLG(Hybrid Log-Gamma) (※2)、PQ(Perceptual Quantization)(※2)など複数の配信フォーマットに対応した効率的なライブ制作を実現しています。

カメラシステムに『HDC-4300』を使用し、高精細な4K HDR映像撮影はもちろん、新たに追加された撮影モード「HLG_Live」を選択すれば、撮影段階からHLGでの番組制作も可能です。用途に応じたワークフローを、番組に合わせて選択いただけます。

※1: ライブ制作システムの主要機器であるカメラ・スイッチャーが12G-SDIに対応し、システム系統が12G-SDIを中心として構築されている点。
※2:国際標準規格(ITU-R BT.2100)で規格化されているHDRの方式

ソニーは、機器間の映像/各種信号の伝送にIPを用い、制作システム全体をネットワーク上で一元管理できる「IP Liveプロダクションシステム」を推進しておりますが、4Kライブ制作設備需要の拡大を受けて、12G-SDIを使用し、従来のHD設備と同様の運用確保を要望するニーズにも対応します。製品開発においても、カメラ、スイッチャー、サーバーなどライブ制作システムを構築する主要機器のIPライブ伝送対応と、12G-SDI対応の双方を進めてまいります。

受注した4Kスタジオ設備と4Kカメラシステムを構成する主な機器は、以下のとおりです。

[主な受注システム機器]
マルチフォーマットスイッチャープロセッサー 『XVS-8000』
マルチフォーマットポータブルカメラ 『HDC-4300』
30型4K有機ELマスターモニター 『BVM-X300』
55型業務用4K有機ELモニター 『PVM-X550』
HDRプロダクションコンバーターユニット 『HDRC-4000』

ソニービジネスソリューションは、今後とも、お客さまのご要望に柔軟にお応えし、最先端の技術・製品をお客さまにご提供することで、放送業界に貢献してまいります。

■お客さまからのお問い合わせ先 :
ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品購入相談窓口 0120-580-730(フリーダイヤル)
受付時間9:00〜18:00(土・日・祝日、弊社休業日は除く)

ソニービジネスソリューション株式会社 URL http://www.sonybsc.com/
ソニー製品情報URL http://www.sony.jp/professional/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

この記事が気に入ったらいいね!しよう

日本テレビをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ