RJCカーオブザイヤーを日産・三菱共同開発の「軽」が受賞した理由

11月15日(金)6時0分 ダイヤモンドオンライン

日産「デイズ」 Photo:NISSAN

写真を拡大


「デイズ(日産)」と

「eKワゴン(三菱自)」が受賞


 今年もカーオブザイヤーのシーズンに入ってきた。


 NPO法人・RJC(日本自動車研究者・ジャーナリスト会議)は、12日にツインリンクもてぎで2020年次RJCカーオブザイヤーの最終選考会を開催した。ツインリンクもてぎのコースでの6ベスト全車の試乗を終えた投票の結果、カーオブザイヤーに日産と三菱自の共同開発による軽自動車「デイズ(日産)」と「eKワゴン(三菱自)」が選ばれた。


 また、RJCカーオブザイヤー・インポート(輸入車)には、ビー・エム・ダブリューのBMW3シリーズが選ばれた。テクノロジーオブザイヤーには、日産のプロパイロット2.0、特別賞として急速充電規格「CHAdeMO(チャデモ)」のCHAdeMO協議会が受賞した。


 RJCは、毎年11月から翌年10月までの1年間に発表・発売された新型車から国産車をカーオブザイヤーとして選び、輸入車はカーオブザイヤー・インポートとして選んでいる。


 第1次選考で6ベストを選び、その中から最終選考でカーオブザイヤーを選ぶことになるが、今回は軽自動車が接戦で、ダイハツの「タント」、ホンダの「N—WGN」と日産・三菱自の共同開発「デイズ」・「eKワゴン」が三つどもえとなったなかで、日産と三菱自が初めて共同開発した軽自動車が栄冠に輝いた。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「カーオブザイヤー」をもっと詳しく

「カーオブザイヤー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ