「新発売」だけど「ロングセラー」 セブン商品にツッコミ多数→真相は...?

11月15日(水)7時0分 J-CASTニュース

話題を呼んでいるセブンの「ハム&チーズ」ブリトー

写真を拡大

新発売。

ロングセラー。


正反対のはずのこれら2つの言葉が、ひとつの商品に「同居」してしまった——ネット上で、そんな話題が盛り上がっている。




「ハム&チーズ」のブリトーを買ってみると



2017年11月13日、東京・千代田区のセブン‐イレブンでは、人気商品の「ブリトー」(ハムやウインナー、チーズなどをトルティーヤで包んだ軽食)が割引になっていた。そのブリトーのコーナーで、目玉商品の一つとして並ぶ「ハム&チーズ」(税込230円)、今話題になっているのはこの商品である。


手に取ってみると、パッケージ左上には「ロングセラー」の文字が。ところが右上には、「新商品」のシールが貼ってある。前者は印刷、後者はシールという差はあるものの、デザインはほぼ同じ、だが書いてある内容は正反対だ。


新発売? ロングセラー? どっちが正しいの?


ツイッターでも、購入者からツッコミが相次ぐ。


「新発売なのかロングセラーなのかどっちだよ」

「最近オープンした老舗みたいな感じだな」

「ピンク(編注:ロングセラー)と赤(編注:新発売)のどちらかが嘘をついている」

「袋がロングセラー、中身が新商品......これだ!」

また、かつてサンヨー食品から販売され、発売後かなり経ってからも「新発売!」とCMでうたっていた「ケンちゃんラーメン」を思い出す人も多かった。




セブン広報に聞いてみたら...



真相を確かめるべく、「セブン‐イレブン」を運営するセブン&アイ・ホールディングスの広報担当者に取材した。


「あのー、ブリトーに『新発売』と『ロングセラー』って書いてあるんですが、どっちが正しいんでしょうか......?」

電話を受けた担当者も戸惑った様子だったが、しばらくして回答が返ってきた。


「『ロングセラー』というのは、1983年の発売以来、このブリトーが長らく愛されているということからつけたものです。一方、11月7日から、これまでのゴーダとモッツァレラに、チェダーを新たに加え、3種類のチーズを使った商品に生まれ変わった、ということで、『新発売』という表記となりました」

ロングセラーかつ新発売、ということで、別に間違ってはいないともいえるが——担当者は、「消費者に誤解を与えないよう、社内で精査していきたいと思います」。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ロングセラーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ