シンプルだけど画期的かも 14歳の少女が考案したクルマの意外な死角を解消する方法がすごい

11月15日(金)11時0分 ねとらぼ

ウェブカメラとプロジェクターを使って「ピラー」の死角を除去する方法を考えた14歳の少女Alaina Gasslerさん

写真を拡大

 自動車において前後左右あらゆる方向に存在する「死角」。そのなかでも特に意識しづらい「ピラー」による死角を、プロジェクション(投影)技術で解決する方法が話題になっています。
 開発したのはなんと14歳の少女、Alaina Gasslerさん。アメリカの中学生を対象とした科学コンテスト「Broadcom MASTERS」で最優秀賞に選出され、2万5000ドル(約270万円)の賞金を獲得したことで、大きな注目を集めています。
 彼女が取り組んだ研究テーマは「死角の除去による自動車の安全性向上」というもので、ピラーで発生する死角を無くす方法を考えて、どれほどの効果が期待できるかという実験結果をコンテストで発表しました。
 Gasslerさんが考えた方法はとてもシンプル。ドライバーにとって死角となりやすい助手席側のピラーに、ウェブカメラで撮影した映像をリアルタイムに投影するというものです。
 停車時はもちろん、走行中でも本来なら見えないはずの「ピラーの先にある景色」が映し出されています。ピラー部分には反射素材が貼り付けられており、助手席に座る人には眩しさによる不快感を与えないよう配慮しつつ、運転するドライバーには視認性が高い映像が提供できるように工夫も凝らされています。
 Gasslerさんは、「そこに存在しない柱から防げたはずの多くの自動車事故とケガと死がある」と研究に取り組んだ意図を語りながら、「私たちは車からそれ(ピラー)を取り除くことなくそれ(死角)を取り除くことにしました」と自身の研究成果を発表しています。

ねとらぼ

「自動車」をもっと詳しく

「自動車」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ