“病院を出たら、行き場所がない…” 年内に平穏な暮らしを取り戻す、高齢期6つの針路

11月15日(水)10時1分 PR TIMES

〜 11/23(木)発刊 介護情報誌「あいらいふ 12月号」〜

「退院まで残り数日だけど、医療行為が必要で自宅に戻れない」「介護に備える時間が1週間ほしい」。そんな高齢者介護における退院のお悩みに応えるべく、退院後の分岐点を6つに整理。年内に、安住の地にたどり着くポイントをご提示します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/9232/62/resize/d9232-62-593274-0.jpg ]



【おすすめコンテンツ】

◆「年内に退院。1日もはやく落ち着いた生活を取り戻すには?」

[画像2: https://prtimes.jp/i/9232/62/resize/d9232-62-373859-6.jpg ]

退院後の道筋を、自宅・転院・老人ホームなど6つに分類。各ケースで必要な備えもまとめました。

◆「最期について、〇〇するのは禁物です」
文藝春秋・石垣篤志記者が「週刊文春」看取り企画で、本当に伝えたかったこと。

◆「高齢者も、住みたい街の第1位?」

[画像3: https://prtimes.jp/i/9232/62/resize/d9232-62-769065-4.jpg ]

武蔵野市の毛利悦子課長が、独自サービスとして展開中の高齢者施策をご紹介。

◆「家族信託と成年後見、相続に差がつく違いとは?<後編>」

[画像4: https://prtimes.jp/i/9232/62/resize/d9232-62-398124-3.jpg ]

家族信託普及協会の宮田浩志代表理事が、両制度のメリットとコストを解説!

◆マイライフ・インタビュー「阿久悠さんの告白に、心が震えました」

[画像5: https://prtimes.jp/i/9232/62/resize/d9232-62-499658-5.jpg ]

大作詞家が歌詞に込めた、岩崎宏美さんに対する想いとは…


本誌の無料お取り寄せは、
「あいらいふ入居相談室サイト」
https://i-life.net/es/st01/
またはフリーダイヤル
0120-007-097
にて承ります。

月刊介護情報誌
『あいらいふ』編集部

【誌名】『あいらいふ』2017年12月号
【発行部数】5万部
【配布場所】市区役所高齢者介護担当窓口・社会福祉協議会・地域包括支援センター・居宅介護支援事業所・訪問看護ステーション・病院・薬局など1万か所

PR TIMES

この記事が気に入ったらいいね!しよう

暮らしをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ