業界初、50,000件の病児保育実績達成 ~日本初の訪問型病児保育スタートから12年~

11月15日(水)15時1分 PR TIMES

5万回の「困った!」を、5万回の「よかった」に。5万回の「病気でつらい」を5万回の「楽しかった」に変えた。【動画あり】

日本初の訪問型病児保育をスタートして12年、認定NPO法人フローレンスの病児保育実績が保育業界で最多となる累計50,000件を突破しました。
子どもの急な病気はあたりまえのことですが、働く親にとっては悩みの種。
安心して子育てと仕事の両立ができるよう、また病児・病後児にとっては「辛い時」が少しでも「楽しい時」になるよう、フローレンスの病児保育専門スタッフ「こどもレスキュー隊員」は日々現場で奮励しています。

[画像1: https://prtimes.jp/i/28029/11/resize/d28029-11-984162-1.jpg ]

親が働きながら子育てをすることがあたりまえになった昨今、子育て中の多くの保護者を悩ませるのは、子どもが病気になった時です。保育園では37.5℃以上の熱がある子どもの預かりができないため、親は看病のため仕事を休まざるを得ません。

子どもが病気をするのはあたりまえのことであるにも関わらず、仕事と育児の両立における大きな不安要素であるという課題を解決するため、フローレンスは2005年に日本初の「訪問型病児保育事業」をスタートしました。

病児が安心して自宅で保育を受けられる本事業は、首都圏を中心に多くの支持をいただき、本年8月、累計保育実績50,000件を突破しました。当日依頼に100%対応する本サービスの過去最多お預かり件数は1日79件です。

■フローレンスの訪問型病児保育
http://byojihoiku.florence.or.jp/
月会費による共済型事業モデルで、当日の朝8時までにいただいた依頼に100%対応します。
厳しい研修を経た病児保育スタッフが会員宅にかけつけ、保護者の帰宅まで安全にお子さんをお預かりします。女医による往診やかかりつけ医への受診も行います。
[画像2: https://prtimes.jp/i/28029/11/resize/d28029-11-937205-3.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/28029/11/resize/d28029-11-397066-6.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/28029/11/resize/d28029-11-367969-5.jpg ]




のべ登録会員数:11,231名
利用登録会員数:6,432名
病児保育スタッフ数:約130名
サービスエリア:東京、川崎市・横浜市、千葉件一部、埼玉県一部エリア
重大な保育事故:0件   

※2017年10月末時点

厚生労働省のまとめる「保育所等関連状況取りまとめ(2017.4.1)」によると、全国の認可保育所等数は32,729ヶ所、利用児童数は255万人。
一方で同省関連資料によると全国の病児保育事業数は2,226ヶ所(2015年度)であり、いまだ保育所全体(認可外含まず)に対し約7%しかありません。

フローレンスの病児保育事業では、ひとり親家庭に寄付を原資とした安価な病児保育プランを提供したり、障害や重い既往のあるお子様もお預かりするなど、より多くの方に安心してご利用いただけるよう活動しています。

<動画で見る!5万回の病児保育実績は一期一会のレスキューから>
https://youtu.be/VWsXheq29qw

PR TIMES

この記事が気に入ったらいいね!しよう

日本をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ