ユニヴァ・ペイキャストの決済システム「IPS」、会員管理システムの「TAKETIN MP」と提携

11月15日(水)15時1分 PR TIMES

継続課金を伴う会員ビジネスを行う中小の事業者さまに最適な、安価に始められるマーケティングプラットフォーム

2001年11月より決済代行事業を展開している株式会社ユニヴァ・ペイキャスト(東京都港区)は、株式会社TAKETIN(広島県福山市)と提携し、TAKETIN社の提供するTAKETIN MP(タケチン・マーケティングプラットフォーム)のクレジットカード課金を受け持つ事になりました。

[画像: https://prtimes.jp/i/16178/37/resize/d16178-37-826301-0.jpg ]

TAKETIN MP(タケチン・マーケティングプラットフォーム)とは
TAKETIN MPは、導入するだけで、会員ビジネスに必須であるクレジットカード決済に対応した会員管理の仕組みを手に入れられるSaaS型ASPです。
セミナーやEラーニングの参加費回収や教材の販売ができるだけでなく、メールスタンド機能やチケットによる顧客セグメンテーションが特徴で、設定も極めて簡単。およそ5分で販売が開始できる点も強みです。

会員管理の事務負担や開発コストを肩代わり
今やお馴染みとなった定期課金(サブスクリプション)型のビジネスですが、毎月の課金情報の登録から課金結果の管理、未収の督促や会員資格・権限の管理、サイトとの連携など、サービス提供企業業務は多岐にわたり、その構築と維持には大きなコストがかかっていました。
TAKETIN MPには、それらを全てが準備されており、毎月の事務負担やシステム構築のコストを従来比で大きく抑えて、気軽に会員制ビジネスをスタートできます。

カード番号の保持なく、任意サイクルで課金できる
TAKETIN MPは、カード番号の保持(通過・処理)を一切しない仕組みです。しかしながら定期的に定額の課金ができるだけでなく、任意のサイクルや金額で自由に再課金できる仕組みも備えており、課金プランの変更や都度のアップセルにも柔軟に対応できます。
また、カード有効期限が近づいた会員へのカード再登録アラートや、一時的なショッピング枠不足による決済失敗に対するリトライ、リトライにも失敗した場合にカード更新の案内メール送信も行えます。

継続報酬型の自社アフィリエイトも可能
自動課金結果を自動的に反映するアフィリエイト計算機能も備えています。

お得なキャンペーン実施中
TAKETIN MPとクレジット決済の同時申込をユニヴァ・ペイキャスト宛にした方は、クレジット決済の月次費用(定価:2万円)が無料になります。お申し込みは特設ページからどうぞ。
特設ページ:https://www.ipservice.jp/service/topics/20171114_taketin/

株式会社ユニヴァ・ペイキャストとは
ユニヴァ・ペイキャストは、決済代行サービスの「IPS」、webマーケティングツール「Gyro-n」をキーサービスとし、BtoC事業者さまのマーケティングを支援するITベンチャーです。

PR TIMES

この記事が気に入ったらいいね!しよう

課金をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ