技術論文誌「パナソニック技報」最新号(2017年11月号)発行【特集】B2Bソリューションを支えるインダストリアル技術

11月15日(水)12時1分 PR TIMES

[画像: https://prtimes.jp/i/3442/2931/resize/d3442-2931-113651-0.jpg ]


パナソニック株式会社は、2017年11月15日「パナソニック技報」11月号を発行しました。

パナソニックが発行する技術論文誌「パナソニック技報」では、パナソニックグループの開発者自らが記した技術論文、技術解説を紹介しています。
当社が開発した技術成果を広く公表することで、社会の皆様からご意見をいただくとともに、技術の進歩、社会の発展に貢献することを目的としています。

IoT、AI、コンピュータの処理能力向上などにより、「モノ」から「コト」への変化をはじめとした、新しいサービス価値の創出が期待されています。
2017年11月号では、パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社グループによる、お客様との新しいサービス価値の共創に向けた「B2Bソリューションを支えるインダストリアル技術」のプラットフォームについて特集しています。

▼「パナソニック技報」全文を、Webサイトでご覧いただけます。
https://www.panasonic.com/jp/corporate/technology-design/ptj/v6302.html

収録内容は以下のとおりです。

■【特集】B2Bソリューションを支えるインダストリアル技術

・B2Bソリューションを支えるインダストリアル技術特集によせて
(パナソニック株式会社 執行役員
オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 副社長 技術担当(兼)技術本部長 藤井 英治)

<招待論文>
・材料研究の醍醐味とこれから
(東京工業大学 科学技術創成研究院 教授
同学 元素戦略研究センター センター長 細野 秀雄)

<技術論文・技術解説>
・[論文] サーモカメラによる非接触温冷感センシング
(楠亀 弘一、米田 亜旗、式井 愼一、シラワン ナワット、野坂 健一郎、久保 博子)
・[論文] 製造システムの稼働適正化に向けた多種多元データ活用ソリューション
(樋口 裕一、天野 博史、清水 太一、厚田 鳴海、井田 雅夫、多鹿 陽介)
・[解説] GaN-GITによる小型高効率パワーエレクトロニクス機器
(原 淳一郎、長岡 一彦)
・[論文] 特殊産業車両向け3次元測位ミリ波レーダ
(佐藤 潤二、岸上 高明、岩佐 健太、阿部 敬之、村田 智洋、四方 英邦)
・[論文] ロボット用高精度モーションセンシングユニット
(藤田 孔明、中原 充也、佐藤 祐之、寺尾 篤人)
・[論文] 小型・高速・高精度位置決め技術を有する高性能サーボモータ、アンプ
(麻生 宜農、辻本 隆宏、園田 大輔、下田 和弘)
・[論文] マイクロ波無線電力伝送による超小型絶縁ゲートドライバ
(根来 昇、河井 康史、田畑 修、崔 成伯、榎本 真悟、永井 秀一)
・[論文] IoTソリューション向け電池レス無線スイッチ
(佐田 紀文、野田 雅明、大石 傑)
・[論文] SOI技術による機能安全対応車載電池監視用IC
(藤井 圭一、小林 拓、井上 真幸、小林 仁)
・[論文] セキュリティLSI向け高速・低消費電力ReRAM
(早川 幸夫、村岡 俊作、姫野 敦史、伊藤 理、米田 慎一)
・[論文] 異方性磁気抵抗効果素子とHall素子を用いた高精度角度センサ
(尾中 和弘、長部 亮、藤浦 英明、一宮 礼孝、吉内 茂裕、山田 清高)
・[解説] 高コントラスト・広視野角IPS液晶ディスプレイの開発
(宮崎 香織)
・[論文] 計算科学によるPZT強誘電体の焦電物性解析法
(前嶋 宏行、田中 良明、高山 了一)
・[解説] 最先端LSI向け応力緩和性基板材料
(柏原 圭子、渡邉 李歩子)

▼最新号全文は「パナソニック技報」Webサイトでご覧いただけます。
https://www.panasonic.com/jp/corporate/technology-design/ptj/v6302.html

また、「パナソニック技報」Webサイトでは、2009年4月号以降の掲載論文を全文掲載しています(2017年11月15日現在)。ぜひご覧ください。

▽パナソニック技報 バックナンバー
https://www.panasonic.com/jp/corporate/technology-design/ptj/backno.html

<関連情報>
・パナソニックの技術・デザイン
https://www.panasonic.com/jp/corporate.html#technology-design

PR TIMES

この記事が気に入ったらいいね!しよう

技術をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ