佐賀県基山町、紅葉の名所である大興善寺で「きやま門前市」が初開催!

11月15日(水)10時1分 PR TIMES

佐賀県基山町の大興善寺の駐車場にて、平成29年11月18日(土)に「きやま門前市」が開催します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/27600/39/resize/d27600-39-558282-1.jpg ]

佐賀県観光連盟の会員である大興善寺の駐車場にて、「きやま門前市」が開催します。今回、初開催となる門前市は、地元特産品をはじめ、新鮮な野菜や農産物加工品、工芸品などを販売する軽トラ市です。各出店者自慢の商品が大興善寺に大集合します。また、大興善寺の紅葉は11月中旬から見頃を迎えますので、紅葉狩りと併せて、ぜひ足をお運びください。

日時/平成29年11月18日(土)
午前10時から午後2時まで ※少雨決行
場所/大興善寺駐車場  佐賀県三養基郡基山町大字園部1602番地1
主催/基山町産業振興協議会
共催/基山町青空市
[画像2: https://prtimes.jp/i/27600/39/resize/d27600-39-406754-0.jpg ]

■開創1300年をむかえる大興善寺
養老元(717)年、行基(ぎょうき)が開山した天台宗のお寺である大興善寺(だいこうぜんじ)は、別名「つつじ寺」と呼ばれるほどのツツジの名所です。本堂の裏山一帯の75,000平方メートルのツツジ園は、見頃の4月中旬〜5月初旬になると約5万本のツツジで埋め尽くされます。紅葉の名所としても有名で、四季を通じたくさんの人が訪れます。また、大興善寺は数多くの文化財を所蔵するお寺でもあります。国の重要文化財に指定されている木造廣目天立像(もくぞうこうもくてんりゅうぞう)及び木造多聞天立像(もくぞうたもんてんりゅうぞう)を国宝殿に安置するのをはじめ、行基の作と伝えられ、12年に1度午年にのみ開扉される本尊の木造十一面観音立像などの仏像、境内にある中世の石の五重塔などがその代表です。なお近所で販売されているつつじみそは人気の一品。おみやげにどうぞ。

■お問い合わせ先
基山町産業振興協議会事務局(産業振興課内)
〒841-0204 佐賀県三養基郡基山町大字宮浦666番地
TEL:0942-92-7945 FAX:0942-92-0741
基山町産業振興協議会HP http://kiyamanet.com/

一般社団法人 佐賀県観光連盟
〒840-0041 佐賀県佐賀市城内1丁目1-59
TEL: 0952-26-6754, FAX: 0952-26-7528
http://www.asobo-saga.jp/

PR TIMES

この記事が気に入ったらいいね!しよう

佐賀をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ