11月26日は「いい風呂の日」。銭湯へ行こう!

11月15日(水)18時1分 PR TIMES

日本橋三越本店で「湯道への道」開催。

会期:11月15日(水)〜28日(火)会場: 日本橋三越本店 本館5階 コンフォートバスガーデン

[画像1: https://prtimes.jp/i/8372/566/resize/d8372-566-845493-1.jpg ]

11月15日(水)〜28日(火)の期間、日本橋三越本店 本館5階リビングフロアで「湯道への道」を開催いたします。日本の生活文化「入浴」に着目し、その精神と様式を追及する「湯道」。第三弾となる今回はマイ湯桶や携帯用の使い切り石鹸・浴用タオルなど銭湯に持っていきたいお風呂道具を中心にご紹介いたします。
■湯道 銭湯スタンプラリー■
「湯道への道」開催にあわせて、湯道スタンプラリーを開催。イベント期間中に、中央区にある9ケ所の内、お好きな銭湯3ケ所を巡ってスタンプを集めた方、先着30名さまに粗品を進呈いたします(※同一の銭湯で2つ以上スタンプを集めることはできません )。スタンプラリーのカードは、日本橋三越本店 本館5階と中央区の各銭湯で配布し、粗品のお渡しは11月22日(水)より日本橋三越本店 本館5階 コンフォートバスガーデン となります。

■湯道を広めるにあたり、オリジナルの商品を開発
[画像2: https://prtimes.jp/i/8372/566/resize/d8372-566-915586-0.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/8372/566/resize/d8372-566-845493-1.jpg ]

期間中、日本橋三越が提案し、小山薫堂氏が認定した商品もご紹介。
【 出展予定 一例 】
<桶栄>風呂椅子・湯桶、<つるや商店>脱衣カゴ、旅する石鹸

『湯道』とは、日本人が日常の習慣として疑わない「入浴」という行為を、日本文化として世界へ発信・継承していくために拓かれた道。京都大徳寺真珠庵 第27世住職の山田宗正氏から「湯道温心」という言葉を賜り、湯道は拓かれました。湯道の「感謝の念を抱く」「慮る心を培う」「自己を磨く」の3つの精神に寄り添いながら、日本の伝統工芸を「道具」として使用することで、職人たちの技や伝統を継承していきたいという思いに、日本橋三越本店が共感し、文化として昇華させたいという思いで取り組みが始まりました。

PR TIMES

この記事が気に入ったらいいね!しよう

風呂をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ