シーンで選ぶクレジットカード活用術 (66) FCバルセロナデザインの楽天カードが登場! 海外サッカーとの提携カード

11月16日(木)8時30分 マイナビニュース

今年から楽天がFCバルセロナのスポンサーになっていることは、ご存知の方も多いと思うが、前々から告知されていたFCバルセロナデザインの「楽天カード」が、10月26日から申し込めるようになった。この機会に海外サッカーチームと提携したクレジットカードを紹介したいと思う。

○FCバルセロナ

まずは前述の「楽天カード」。券面はプレイヤーデザインとエンブレムデザインの2種類から選ぶことができ、前者にはメッシ、イニエスタ、ピケ、スアレス、ラキティッチの5選手の写真が使われている。

サービス内容としては従来の「楽天カード」と同一で、年会費無料。利用に応じて楽天スーパーポイントが貯まり、通常は毎月のクレジット利用合計額100円につき1ポイント。つまり1%のポイントが貯まる。

楽天市場で利用の際は、「楽天カード」利用に対して付与される1%の通常ポイントに加えて、SPU(スーパーポイントアッププログラム)の特典として2%、毎月5・10・15・20・25・30日はエントリーのうえ利用するとさらに2%、合計で5%のポイントが貯まる(倍増分は期間限定ポイントとして加算)。これとは別に、通常の楽天市場利用分として1%のポイントも貯まり、キャンペーンや楽天グループのサービス利用状況によっては、もっとポイントが貯まる場合もある。楽天市場ではFCバルセロナのグッズも多数販売されているので、実質的にポイントをグッズに交換できると考えてもいいだろう。

通常の「楽天カード」と唯一異なる点は、FCバルセロナデザインではVisaブランドを選べないこと。MastercardかJCB、どちらかのみ選択できる。なお、カードには楽天Edy、楽天ポイントカードの機能も付帯されている。

現在、新規入会で2,000ポイント、申し込み日の翌月末までに1円以上利用すると3,000ポイント(期間限定ポイント)をもれなくプレゼント。また、12月25日9時59分までにFCバルセロナデザインを申し込んで発行された場合は、2018年1月31日までの利用額1万円を1口として、抽選でFCバルセロナグッズが当たるキャンペーンも実施中(最大10口までが抽選対象)。

ただし、「楽天カード」はゴールドカードやプレミアムカードも含め、複数枚の保有ができないため、既に保有している人は一度退会してから再度申し込む必要がある。その際、審査も改めて行なわれ、新規入会キャンペーンも対象外になることは理解しておこう。

○マンチェスター・ユナイテッド

続いては2012年から発行されている「マンチェスター・ユナイテッドカード」。発行元はアプラスで、年会費1,620円のスタンダードカードと、年会費1万800円のゴールドカードがあり、どちらも初年度は無料。国際ブランドはVisaとJCBから選択でき、ゴールドカードはブランドによって券面の色が異なっている。

最大の特徴は、カードの利用状況とプレミアリーグのシーズン成績に応じて、ボーナスポイントが貯まること。ゴールドカードの場合、年間 (毎年4月から翌年3月)の合計請求額が10万円以上で勝ち点×1ポイント、25万円以上で勝ち点×3ポイント、50万円以上で勝ち点×5ポイントが、毎年シーズン終了後の7月に加算される。スタンダードカードの場合は25万円以上で勝ち点×1ポイント、50万円以上で勝ち点×3ポイントとなる。

ちなみに直近で優勝した2012-2013シーズンは勝ち点89を獲得しており、この場合ゴールドカードなら最大で445ポイント。ポイントは各種ギフトカードへの交換や他社ポイントへの移行に使った場合、1ポイント=5円相当なので、2225円がもらえた計算だ。なお、昨シーズンは勝ち点69で6位だったが、今シーズンは11月16日時点で2位となっている。

通常のカード利用では、1決済1,000円につき1ポイント。さらに年間の合計請求額に応じて特別加算ポイントがあり、ゴールドカードの場合は25万円以上で毎月の獲得ポイントが1.5倍(スタンダードカードは1.2倍)、50万円以上の場合は2倍(同1.5倍)。倍増分は毎年5月に加算される。

このほかにも入会特典として、もれなくオリジナルキーホルダーをプレゼント。さらに入会月を含む4カ月後の末日までに、ゴールドカードを10万円以上利用するとオリジナルグッズ8点セット、スタンダードカードを5万円以上利用すると同3点セットがもらえる特典もある。

○ボルシア・ドルトムント

現在、香川真司選手が所属する「ボルシア・ドルトムントカード」も、昨年よりアプラスから発行されている。スタンダードカードは年会費1,620円で、初年度は無料。年に1回以上利用すれば次年度も無料となる。ゴールドカードは年会費1万800円で、こちらも初年度は無料だ。国際ブランドはMastercardとJCBから選べる。

カード利用で貯まったポイントをドルトムントグッズに交換できることが特徴で、現在はクラブのロゴが入ったマグカップやクッションなどの商品が用意されている。ポイントは各種ギフトカードへの交換や他社ポイントへの移行に使うことも可能だ。さらに、年間(毎年4月から翌年3月)の利用額が25万円以上の会員のなかから、抽選で香川選手のサイン入りユニフォームなどが当たる特典もある。

ポイントプログラムは1決済1,000円につき1ポイント(=5円相当)。年間の合計請求額に応じて特別加算ポイントがあり、ゴールドカードの場合は25万円以上で毎月の獲得ポイントが1.5倍(スタンダードカードは1.2倍)、50万円以上の場合は2倍(同1.5倍)。倍増分は毎年5月に加算される。

また、チームの本拠地のジグナル・イドゥナ・パルクに隣接するオフィシャルショップ「FanWelt」で利用すると、買物金額が10%オフ。このほかにも、今年7月に浦和レッズとの親善試合で来日した際は、抽選でグッズが当たるキャンペーンも実施された。

現在、同カードに入会すると、もれなく日本非売品のクラブ公式選手カードをプレゼント。さらに入会月を含む4カ月後の末日までに、ゴールドカードを10万円以上利用するとオフィシャルマフラー、スタンダードカードを5万円以上利用するとオリジナルキーホルダーがもらえる特典もある。

過去にはオリコからチェルシーのカードも発行されていたが、現在申込可能な海外サッカーチームとの提携カードは以上の3枚のみとなる。こうしたカードは特典内容もさることながら、支払いでカードを取り出すたびに喜びを感じられ、少しおおげさに言うと、一つ一つの買物が特別なものになることが最大のメリットだ。ひいきのチームのカードがあるなら、ぜひ使ってみてほしい。

※本記事で紹介したサービス内容は、消費税率8%を前提とした更新日時点の情報です。また、各サービスには一部対象外となるケースがあります。ご利用の際は公式サイトなどで最新の情報をご確認ください。

<著者プロフィール>

タナカヒロシ(ライター・編集者)普段は音楽やエンタメ関係の仕事が多いが、過去に勤めていた会社の都合でクレジットカード本を作ったことをきっかけに、クレジットカード、電子マネー、ポイントなどに詳しくなる。以降、定期的にクレジットカードのムック本を編集・執筆。3月8日発売の『最強クレジットカードガイド2017 本当にトクするカードの選び方・使い方=写真=』(角川SSCムック)では、編集統括および記事の大部分を執筆している。

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

バルセロナをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ