2023国際ロボット展にて、最新ロボット群の統合制御で実現する次世代の自動化を初公開

2023年11月16日(木)11時16分 PR TIMES

〜生産ラインをDXするインテリジェントオートメーション〜

知能ロボット機器と統合制御ソフトウェアを提供するインテリジェントオートメーションカンパニーのMujinは、2023年11月29日(水)〜12月2日(土)に東京ビッグサイトで行われる世界最大のロボット見本市「2023国際ロボット展」に出展いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/43510/11/resize/d43510-11-daebb014d654f33bdb92-0.png ]

■出展コンセプト「変種変量時代の自動化をDXするインテリジェントオートメーション」
現在、製造・物流現場を取り巻く環境は、人手不足、労働賃金/物流コストの高騰、技術漏洩防止を背景に自動化ニーズ需要が高止まりしています。一方で、変種変量生産が進み自動化が思うように進まない現状があります。
そこでMujinは、ロボットの単体制御のみに留まらず、高精度3Dビジョンやロボットハンドを含むロボットセルの統合制御によりロボットの知能化を実現し、状況に応じた自律動作を可能にしてまいりました。近年ではさらに制御範囲を広げ、ロボットセルをAGV(無人搬送車)、コンベヤ、各種アクチュエータの様な様々な周辺自動機器を「Mujinコントローラ」に接続することで、生産ライン全体の統合制御、データの見える化、リモート運用を実現しております。

今回の展示会では、変種変量時代の複雑で高度な自動化設備を、簡単に、すぐに、安く構築し、統合知能システムにより安定的な運用・分析を可能にする「インテリジェントオートメーション」へと進化したMujinの最新テクノロジーをご紹介いたします。
[画像2: https://prtimes.jp/i/43510/11/resize/d43510-11-5f97d998c464c4517379-1.png ]

■出展内容
Mujinブースでは、Mujinコントローラで実現するこれからの自動化を体感していただくために、以下6つの展示を、過去最大・77小間のスペースでご紹介いたします。最新ロボットの性能はもちろん、生産ライン全体の統合制御によるITソリューションにもご注目ください。

1. 混載通い箱デパレタイズ/パレタイズ知能ロボット+AGV
従来難しかった混載・またぎ・高さあわせ・かんばん向き指定などの複雑な積み付けパターンに対応

独自開発!最大50種類の通い箱に対応するMujin製自動把持調整機能付きロボットハンド

知能ロボットとAGVを組み合わせた工場内物流トータルソリューション


[画像3: https://prtimes.jp/i/43510/11/resize/d43510-11-c1f568c750ea21c24129-7.jpg ]

2. 国内初公開!デバンニングロボット「TruckBot(トラックボット)」
ロボット知能化ソフトウェア搭載のデバンニング作業自動化知能ロボット

最速1,000ケース/時の高い性能で混載の積荷の荷下ろしを実現

独自開発した可動・可伸縮コンベヤ、コンベヤと連携する特殊ハンド


[画像4: https://prtimes.jp/i/43510/11/resize/d43510-11-b5305a294d5ef77f2386-3.jpg ]

3. 多機能ハンド混載デパレタイズロボット+AGV
混載ケース・単載マルチピック(2ケース同時ピック)・オリコンをひとつのロボットハンドで仕分け

従来のティーチングベースのロボットでは不可能な「品種数不問、2ケース同時ピック」を実現

ハードウェアとソフトウェア両面の高い技術力があるからこそ実現した、最多品種対応デパレタイズロボット


[画像5: https://prtimes.jp/i/43510/11/resize/d43510-11-d908ebcce79261f49f00-8.jpg ]

4. プレカット加工機+ ティーチレスパレタイズロボット
CAD/CAMのデータを基にティーチレス・ビジョンレスで建材を積み付け、スペーサの配置や仮置台との連携、端材の廃棄などの複雑な動作を、加工機と連携し自律動作生成が可能

本来膨大なコストと時間が必要な新型加工機の開発を、Mujinコントローラを基盤に加工機メーカー様と共創

Mujinコントローラが持つ「外部制御機器のインテリジェント化」機能で、お客様の新ソリューション開発を短期間低コストでサポート


[画像6: https://prtimes.jp/i/43510/11/resize/d43510-11-8af2ecf06f45c0c7d2c6-7.jpg ]

5. バラ積みピッキングロボット + 外観検査 + バリ取りプレス機投入
株式会社キッツ様の量産工場にて、これから実際に使用される生産設備を展示

Mujinコントローラがハブとなり、セル内すべての機器「3Dカメラ+ロボット+ロボットハンド」、「位置決め搬送機構」、「外観/測定検査装置」、「バリ取りプレス機」をPLCレスで統合制御

セル全体統合制御による、エラー発生時の的確な原因把握と最少手順での復旧を実現し、作業から“カンコツ要素”を排除


[画像7: https://prtimes.jp/i/43510/11/resize/d43510-11-d9bbdffc460953a27d2a-7.jpg ]

6. 組み立て知能ロボット+AGV(コンセプト出展)
変種変量の組み立てラインに対応するため、品種間で共用の治具+3Dカメラによる位置決めを使用した組み立て作業の自動化

ティーチレス+高精度のロボット制御技術によって、生産品目追加などの際にかかる事前シミュレーションと現地調整の時間を大幅に短縮可能

セル生産方式にQRグリッド式AGVを使用することで、次工程は隣り合う必要がなく、フレキシブルなレイアウト設計が可能


[画像8: https://prtimes.jp/i/43510/11/resize/d43510-11-536bf49329a08858f355-7.jpg ]

【Mujinコントローラ、次世代UI先行公開】
ロボット制御のみに留まらず、知能ロボット統合制御プラットフォームである「Mujinコントローラ」の、新たなインターフェースを会場で初めて公開いたします。ユーザー様の操作性を考え抜き、必要な情報の見える化を実現することで、今後本プラットフォームを基盤に全体の生産効率化に加えて、データドリブンな経営にも貢献いたします。
[画像9: https://prtimes.jp/i/43510/11/resize/d43510-11-3c2bf67b8ba4d2b34156-7.png ]

【Mujinブース プレゼンテーション】
Mujinブース内では、Mujinの独自のDX自動化ソリューションを技術と現場導入事例を交えながらご紹介するプレゼンテーションを30分毎に実施。自動化のご検討を始められたばかりの方にも大変分かりやすい内容となっておりますので、ぜひお立ち寄りください。

【ブースツアー(無料)】
Mujinブースにて、各自動化ソリューションをご紹介するブースツアーを開催いたします。
ご参加には、事前のお申込みが必要です。各回、早期に定員に達することが予想されるため、参加をご希望の方はお早めに下記リンクより事前のご予約をお願いいたします。

日時:11月29日(水)〜12月2日(土) 11:00〜/13:00〜/15:30〜毎日計3回開催
所要時間:約30分
参加費:無料
お申込み:2023国際ロボット展 Mujinブースツアー特設ページ
お申込み期限:11月28日(火)17:00

【2023国際ロボット展 概要】
会期:2023年11月29日(水)〜12月2日(土)
会場:東京ビッグサイト
Mujinブース:E6-18(東6ホール)
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=tQ5-v7PJJeM ]

【会社概要】
会社名:株式会社Mujin(Mujin, Inc.)
設立:2011年7月
CEO 兼 共同創業者:滝野一征
事業内容:産業用知能ロボットコントローラ・コンポーネントの開発・販売、知能ロボットソリューションの提供、ロボットエンジニアリング
URL:https://mujin.co.jp/

PR TIMES

「ロボット」をもっと詳しく

「ロボット」のニュース

「ロボット」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ